重度後遺障害

 

自動車保険の保険金には重度後遺障害についての支払いというものがあります。

自動車事故で相手に怪我を負わせて、その後遺障害が残ってしまったもののなかでその後遺障害が重度のもののことを言いますが、これによって保険金の支払いなどは大きく変わっていきます。

後遺障害

後遺障害とは怪我をした時に、体の機能の一部が失われ戻らなくなってしまったことを言います。

症状の度合いによって、1級から14級の分類されています。

その等級により慰謝料の金額などはすでに判例で決まっており、各等級の金額は確定しています。

そして後遺障害が残ることを事故では、症状固定と言いますが、その症状固定されたあと医師が発行する書類を見て裁判所を通してその後遺障害がどの等級になるか判断をされます。

場合によっては後遺障害が残っていても、後遺障害認定はされず後遺障害についての慰謝料を請求できない場合もあります。

重度後遺障害の賠償金額

重度後遺障害というのは後遺障害認定のなかでも、かなり重い部分で入るもの。具体的には1級2級3級の後遺障害のなかでも神経系統(5感に携わるもの)や胸腹部の臓器の機能障害など、常に介護が必要な場合やその後に人生で働くことができない状態を表します。

この1級から3級では、労働能力喪失率は100パーセントです。言い換えると、その後遺障害が残っている人はその後の人生で働いて収入を得ることができない状態であるということです。

そうなると、損害賠償の金額は一気に跳ね上がります。

損害賠償はその人が将来得られたであろう利益についても全て補償する義務があるからです。

労働能力喪失率が100%ということは、怪我なく働いていればもらえていた給料の全てを補償する義務がありますので、平均で約8000万円前後。年齢や職業によっては数億円にも登ります。

特に国家資格保持者であり、その資格によって収入が大きい人の場合(医者や弁護士など)は跳ね上がることが多いです。

1級2級の場合はさらに増える

重度後遺障害のなかでも1級と2級の場合は、その近親者にも損害賠償請求権があります。

それは1級や2級の後遺障害の場合は両目の視力を失ったり完全には失ってない場合でもほとんど見えていない状態など、その人ひとりでは生活できない状態になるからです。

その近親者はその介護をその人の一生のためにしていく必要がありますので、近親者からも損害賠償請求があるということになり、判例でもそれが認められています。

重度後遺障害は、死亡させてしまった場合より賠償金額が大きい

重度後遺障害の場合は死亡させてしまった場合より、さらに賠償金額が高くなります。

それはその障害を持って生きていかないといけないからです。

死亡事故の場合はその家族への慰謝料と、その被害者の遺失利益を支払うことになりますが、重度後遺障害の場合はその人が生きて行くために自宅を改装したり、介護が必要であったり、その家族の生活も壊してしまうことになり、先ほどお伝えした通り、その家族の慰謝料も発生します。

ですので、重度後遺障害の場合は死亡させてしまった場合より多くの賠償金が必要になります。

後遺障害慰謝料

後遺障害の慰謝料はその後遺障害等級によって判例でその金額は決まっています。

労働能力喪失率

重度後遺障害では100パーセントになる労働能力喪失率とは、その人の労働能力は事故の前と比べてどのくらい下がってしまったかを表すものです。

重度後遺障害での賠償金額

重度後遺障害での賠償金額が高くなることは、わかりました。

実際にどれぐらいの金額になるかと言いますと、あなたが事故を起こし被害者が植物状態になってしまった場合でその被害者は普通の会社員であったとしてもすべての合計で3億円程度になります。

実際の判例でもそのくらいの金額が提示されており、その中には遺失利益やその慰謝料、さらに近親者での慰謝料が含まれています。

そのなかでも大きいのが介護費用であり、その金額は1億円を超えます。

重度後遺障害などの高額の賠償のためにも対人補償は無制限

このように重度後遺障害では賠償額はかなりの高額になります。

自動車保険の本質はここにあり、例えば相手の車を全損させてしまったり、怪我をさせてしまって治療費と慰謝料が1数百万になってしまった場合でも、その賠償額は普通に働いていればいつか支払っていけるような金額です。

ただし、重度後遺障害や死亡させてしまった場合は一生働き続けても返せないもあるぐらいあなたの人生を狂わせるものになります。

さらに、被害者に対しても、あなたが上限のある対人保険に入っていた場合は、その金額の上限しか支払ってもらうことはできません。

重度後遺障害での介護に必要な費用や、自宅の改築費用、そしてその家族への損害賠償についても対人保険での補償することができます

被害者の生活のためにもあなたのためにも必ず対人は無制限に入るようにしましょう。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加