通販型自動車保険とは メリットとデメリット

 

通販型自動車保険は保険料を節約する上で、かなり有効な選択です。

ただし通販型自動車保険にはデメリットもあります。しっかりと理解しておかないと必要な時に必要な補償を受けられなくなる可能性があります。

そのデメリットはちゃんと理解しておけば怖くはありません。

通販型自動車保険を選ぶなら理解しておきたいですね。

通販型自動車保険とは

通販型自動車保険の特徴はなんといっても中間マージンが抑えられるがゆえの、保険料の安さです。

だから保険料を抑えるためには通販型自動車保険を選択肢に入れる必要があるんですね。

でも通販型自動車保険ってよくわからないって人はぜひとも理解しておきましょう。

通販型自動車保険が日本にできたのは90年代後半です。

1998年に自動車保険の自由化が行われ、インターネットや電話での自動車保険の販売や、保険会社が補償内容を自由に決めれるようになったこと。

そして保険料もそれまでは補償内容が一緒なら保険料も一律だったんですね。

その自由化以降は保険料も各社で違いますし、補償内容も変化するようになりました。

それと同時にできたのが通販型自動車保険です。

電話やインターネットでの販売ができるようになって、それまでは当然だった保険代理店を通さなくても自動車保険に加入できるようになりました。

代理店を通さなくていいので、保険会社はその中間マージンを削減できることとなり、自動車保険の保険料も一気に下がることにも繋がりました。

メリット

通販型自動車保険のメリットはなんといっても安いことです。

保険料においては通販型と代理店型で大きく違います。実際に数万円の差が出ることもあります。

そしてもう一つのメリットがいろいろな手続きをインターネット上でできることです。

なにかを変更するたびに、営業さんに会って変更手続きを行わなければならない代理店系の保険に比べれば多くの手間が省けることになります。

デメリット

通販型自動車保険は保険料が安いことは間違いないですがデメリットもあります。

そのデメリットとは

  • 補償内容を自分で決めないといけない
  • 対面しての説明は受けられない
  • 保険料を無駄に支払ってしまう可能性がある
  • 必要な補償が抜けてしまう可能性がある
  • 事故の時に必要書類を全部自分で作成しなければならない

以上の3つです。

補償内容を自分で決めないといけない

通販型自動車保険では補償内容を自分で決めなければなりません。

その保険会社のホームページを見たり、自分の今の補償内容を見て参考にしたり。

代理店からの提案ではなく、自分で組み立てていかなければなりません。

そのためには自分で補償の内容をわかっておく必要があります。ホームページに難しくはないように書かれていますがそれでも理解するのに時間がかかることは否めないでしょう。

対面しての説明は受けられない

通販型自動車保険には代理店は存在しません。

だから見積もりの際に家や近くの喫茶店などで営業さんと待ち合わせをして、対面して1からしっかり説明を受けるということができません。

通販型の保険会社でも電話での保険の相談はあります。

ただ対面しての説明とは少し違うものです。やはり対面の方が安心できますしわかりやすいと思います。

その対面での保険の説明を受けることができないのは、一つのデメリットだと思います。

保険料を無駄に支払ってしまう可能性がある

通販型の場合、インターネット割引が存在します。

電話での申し込みではなく、インターネットだけで保険の申し込みを完結させるものです。

このインターネット割引は割引額が大きくて、最大で1万円ほどになりますのでできれば利用したい割引ではあるのですが、人から口頭での説明を受けずに保険を組み立てるため、必要のない補償まで加入してしまい保険料を無駄に払ってしまうといったこともあり得ます。

必要な補償が抜けてしまう可能性がある

上記で説明した通り、インターネットでの申し込みでは自分で補償内容を決めていきます。

さきほどとは逆で、補償内容を削りすぎる場合があり、事故の時にあると思っていた補償がうけられないということが実際に起きています。

事故の時に必要書類を全部自分で作成しなければならない

事故を起こした時は、必要書類を用意します。

代理店型でも基本的には自分で必要書類は用意するのですが、代理店がある場合その記入の手助けをしてくれたりアドバイスをくれたりします。

通販型でももちろん電話口での説明もありますし、その説明は懇切丁寧にしてくれます。

ただ、やはり横にいて「こことここを記入して下さい。次はここに印鑑を・・・」などといったアドバイスができるのは代理店系だけですね。

そういう時に全て自分で行う必要があるのも、通販型のデメリットでしょう。

通販型自動車保険のデメリット回避方法

通販型自動車保険のでデメリットを回避する方法があります。

その方法とは

  • 以前の自動車保険を参考にすること
  • 電話で相談してきめること

です。

保険の内容がわからなければ、以前の保険証券を持ち出してきてそれと同じ補償にすればいいのです。そうすることで乗り換え前と全く同じ補償を受けることができ、補償が多すぎることも少なすぎることも回避することができます。

そしてどうしても補償内容を変更するのならば少し高くなっても電話での相談をしましょう。

電話で相談して補償内容を決めるのです。それではインターネット割引が受けられないとは思いますが、補償内容を間違えることには変えられないと思います。

しかもインターネット割引を受けなかったとしても代理店系より保険料は安くなることが多いです。

ただし、車種や条件などによって保険料は大幅に変わります。場合によっては代理店系の方が安い場合もありますので実際に見積もりをとって比べる必要はあります。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加