リスク細分型自動車保険

 

自動車保険の保険料はその車と運転者がどれだけ事故のリスクがあるかで決まっているのを知っていますか。

その自動車や、運転者の年齢、運転者の過去によってリスクを算出して、保険料を決めているのです。

リスク細分型の自動車保険

自動車保険の保険料は、その自動車を取り巻くリスクによって、その数値をデータ化して事故に遭う確率やその損害の大きさを計算して保険料が計算されてまいます。

1998年に行われた自動車保険の自由化によって、その保険料を決める方法は細かく設定できるようになりました。

自由化以前では、車種なその車の運転者の年齢と過去の事故暦によって保険料がきまっていたのですが、自由化されていこうはもっと多岐にわたって保険料の計算ができるようになりました。

その項目は以下の通りです。

  • 年齢
  • 性別
  • 運転暦
  • 使用目的
  • 年間走行距離
  • 地域
  • 自動車の種別
  • 自動車の安全装置の有無
  • 自動車の所有台数

保険業法施工規則に以上の9つの条件で、保険料を決めていいということになっています。

以前は年齢・車種・事故暦で求めていた、保険料がもっと細かく設定できるようになったのです。

その細かい条件をフル活用している保険のことをリスク細分型自動車保険と呼んでいるのですね。

ちなみに、その自動車保険が開始されたのは外資系などを含めた通販型自動車保険会社でありましたが、今では代理店型の保険会社でもリスク細分型の自動車保険を取り入れるようになってきており、自動車保険をやすくするための条件はどんどん揃って行っています。

自動車保険の自由化

今お話しの出てきた自動車保険の自由化ですが、保険料を決める条件以外にも自由化いなった部分もあります。

まず、保険料の料率を保険会社が独自で決められるようになったことです。

そのおかげで同じ補償内容でも保険会社によって保険料がかわるようになっております。

そしてもう一つが通販型の自動車保険を販売できるようになったことです。

通販型自動車保険では、代理店販売でのマージンがないので保険料をやすくすることができるようになりました。

それによって保険料も安くなりました。

リスク細分型保険の実例

リスク細分型では、その保険料の決め方に特徴があります。

その一例をご紹介します。

走行距離に合わせた保険料

リスク細分型自動車保険では走行距離によって、保険料に差をつけております。

例えば年間走行距離が3000kmの人と20000kmの人とでは、自動車に乗っている時間も違うためリスクももちろんかわっていきます。

ですので、走行距離に合わせて保険料が増減されることとなります。

ゴールド免許割引

今では当たり前になった、ゴールド免許割引もその一つです。

ゴールド免許を持っているということは、最低でも過去に5年以上事故をしていない期間があるということであり、当然その事故のリスクも低い人であることがわかります。

だからゴールド免許を持っている人のための割引がある。

これもリスク細分型保険の特徴の一つです

使用目的に合わせた保険料

使用目的とは

  • 日常・レジャー使用
  • 通勤通学使用
  • 業務使用

の3つです。

日常で使っている車より、通勤で使う車の方が事故のリスクは高いですし、さらに業務で使っている車であればもっと事故の可能性は高くなります。

それに合わせて保険料が安くなるのも、リスク細分型の特徴です。

リスク細分型で自動車保険はやすくなる

リスク細分型自動車保険によっておおくの人が保険料をやすくすることに成功しています。

その保険とは、通販型に自動車保険であります。

そして保険料は走行距離が短い人やゴールド免許などの事故の可能性を低くする要素をどんどん集めていけば、あなたの保険はやすくすることが可能です

保険料が高くなる場合もある

リスク細分型自動車保険では、多くのCMなので保険料がやすくなることをうたっていますが、実際には保険料が安くなるばかりではなく、実は高くなることもあるのです。

最初にお伝えした通り、リスク細分型とはそのリスクに応じて細かく保険料をわけることができます。

ということは、走行距離が長かったり使用用途が業務での使用があれば、普通の保険より高くなる可能性もでてくるのです。

リスク細分型の自動車保険が保険料が安い本当の理由

保険料が高くなることもあるということをお伝えしました。

ただしやはりリスク細分型の保険は安くなる傾向が高いのです。

その理由はこれです。

  • 有料ドライバーが多い
  • 通販型自動車保険

リスク細分型自動車保険というのは有料ドライバーが多い仕組みになっており、有料ドライバーであれば事故のリスクも低く、保険会社全体のリスクが下がるため、リスクが高くなる保険加入者でも他と比べて安くなる可能性もあります

そしてもう一つの理由が、通販型自動車保険が多いことです。

通販型自動車保険では代理店という中間マージンを省いて、保険料を決められるため保険料が安いのです。

そして通販型自動車保険は新しくできた制度にため、リスク細分型自動車保険である可能性が高いのです。

ですのでリスク差分型自動車保険の保険料は相対てきに安くなるのです。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加