自動車保険の種類 -PAP-

 

自動車保険は大きく分けて3つにわけられるのはご存知ですか?

その内容によって「BAP」「PAP」「 SAP」の3つに分けることができます。

今回はその中でも「PAP」のお話です。

PAP(Package Automobile Policy)

BAPとはベーシックオートモービルポリシーの略で日本語では「自動車総合保険」という名前で呼ばれています。

自動車保険とは、以下の6つの保険の組み合わせでできている保険です。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険

その組み合わせによって自動車保険の名称が変わってきます。

PAPでは、パッケージ商品になっており、BAPと違ってある程度その補償内容の種類があらかじめ決まっています。

PAPで補償される内容は以下の5つがパッケージ商品になっています。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険

なお、PAPの場合は示談交渉サービスはついていますが、それは対人賠償保険を使う場合のみです。

まずは補償内容の詳細をみてみましょう。

 

対人賠償保険

対人賠償保険とは、自動車を運転している時に事故を起こしてしまい、相手を怪我をさせてしまった時の賠償をあなたに変わってしてくれる賠償保険です。

内容は相手の怪我の治療費はもちろん、後遺傷害の慰謝料、通院に対する慰謝料、そして怪我によって仕事を休んだときの休業補償も含まれています。

対物賠償保険

対物賠償保険とは、自動車を運転していて建物や物を壊してしまった時にあなたにかわってその修繕費用などを賠償してくれる保険です。

内容は建物の修繕やその修理費用、そして相手の車の修理費用なども入ってきます。

建物にぶつけてしまった時はその建物が商業ビルであった場合、その休業補償もその保険金の対象におなっています。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは自動車事故で怪我をしてしまった時に、その通院や入院の日額や死亡した際にその上限金額が保険金として降りる保険です。

相手の車がいる場合に降りる保険です。

自損事故傷害保険

自損事故傷害保険とは、事故の相手がいない単独の事故の場合に、入院日額通院日額や死亡保険金の補償をしてくれる保険です。

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険は、相手がいたとしても相手の車が無保険だった場合は相手からの補償が期待できません。

そんな時でも補償してくれる保険です。

車両保険

車両保険は事故をしたときに、自分の車が破損したその修理費用を補償する保険です。

PAPのメリット

PAPのメリットはその商品がパッケージ商品のため、最低限必要な保険は申し込んだ時点ですでに加入できているということです。

そのため、万が一の際も補償内容に抜けがなく、それによって困ることも少ないでしょう。

例えばBAPで保険料を安くしたいためにいろいろな補償を削っていたとします。その削っていた補償が車両保険だった場合はかなり困ることも考えられます。
(車両保険はかなり高くなるのであり得ます)

それで事故にあったときには自分の自動車を修理するための費用が自分の財布からでていくことになります。

それぐらいならまだいいですが、新車で買って数か月で事故をしてしかも歯医者にしてしまった場合は目も当てられません。

PAPではパッケージになっているのでそんなことはなく、最低限必要な保険はすべて揃っています。

PAPのデメリット

PAPのデメリットは示談交渉サービスが対人でしかついていないこと、そして人身傷害がつけられないこと、そして保険料の節約がしにくいことです。

示談交渉サービスが対人でしか使えない

示談交渉サービスが対人でしか使えないと、人身事故でないかぎり自分で交渉をしないといけないということです。

事故では人身事故にすると初めて保険からも治療費などが出る形になっていますが、人身事故にするかどうかは、被害者にその意思決定権があります。

事故をしてしまった際でも怪我は大したことがないので話を荒立てないために、人身事故にせず物損事故で穏便に済ませてしまおうという人も少なくありません。

その場合は人身賠償保険を使うことがありませんので示談交渉サービスが使えなくなっています。

そうなると、交渉をすべて自分でする形になります。

決してできないものではありませんが、言いくるめられて過失割合などが多めに自分のほうに来てしまったりすることもあるようです。

できれば、対物賠償保険でも示談交渉サービスが使えるSAPを選ぶようにしてください。

人身傷害がつけられない

人身傷害保険というのは自分の怪我の補償がかなり手薄になってしまうことになります。

人身傷害では、過失割合に関係なく怪我の補償をうけられかつ、その事故解決よりさきに自分の保険会社が相手にかわって支払いをしてくれます。

ですので、人身傷害保険がつけられないということは大いにデメリットとなるでしょう。そういったことが心配な場合はSAPに加入するほうが無難です。

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加