ノンフリート等級ってなに?

 

自動車保険にはフリート契約という契約があるのをご存知でしょうか。

これは10台以上の車を同時に保険契約した場合のみに適用されるものですが、普通の家庭ではそんな契約方法はできませんよね。

ですのであなたが契約する自動車吠保険の契約はノンフリート契約(フリートではない)となります。

フリート契約とは

フリート契約とは一度に10台以上まとめて契約した場合の保険の契約方法になります。

その特徴は

  • 年齢制限がなくなる
  • 等級制度ではなく、前年の事故率によって保険料が決まるシステム

です。

フリート契約ではまず年齢条件はありません。ですので、どんな年齢のひとが運転しても保険料がかわらずに契約することができます。

そして普通の自動車保険のような等級制度はなくなり、その前年の事故の件数や金額によって毎年割引額が変わる契約になっており、毎年割引率が変わるということになります。

基本的には10台以上の車を所有していないと契約できないので、法人などの事業者が入る自動車保険ということになります。

ノンフリート契約

ノンフリート契約は一般的な自動車保険の契約のことです。

上記の「フリート契約」ではない自動車保険の契約という意味ですね。

この契約では、自動車1台1台すべてに等級というものがつき、それによって割引率がかわってくるようになっています。

ノンフリート等級の種類と割引率

ノンフリートの等級ではあらかじめ割引率が決まっています。

そしてその等級は1から20の合計20個の等級で表され、その割引率は保険会社によって少しの差はありますがだいたい以下のい通りの割引率になっています。

1等級  +50%

2等級  +40%

3等級  +30%

4等級  +20%

5等級  +10%

6等級  0%

7等級  -20%

8等級  -30%

9等級  -40%

10等級  -40%

11等級  -45%

12等級  -50%

13等級  -50%

14等級  -55%

15等級  -55%

16等級  -58%

17等級  -60%

18等級  -60%

19等級  -60%

20等級  -60%

等級によってかなりの割引率の違いがあることはわかっていただけるとおもいます。

等級制度

自動車保険の等級はどうやって上下するのかというと、事故の回数で決められることとなります。

まず新規で契約した場合の等級は6等級からスタートします。

そこから無事無事故で1年間を終えられた時には1等級上がることになり、7等級となります。

逆に事故を1度してしまうと、更新の際には3等級ダウンの3等級になってしまいます。

保険料はかなり上がることになりますね。

そして1年に2度事故をした場合は3等級下がることが2回起きることになり、その等級は1等級になります。
(1等級より下の等級はないため)

ちなみに事故には3等級ダウン事故と1等級ダウン事故があります

3等級ダウン事故

ほとんどの事故が3等級ダウン事故だと思ってもらって結構です。

車同士の事故、単独事故など自動車が動いている時に起きる事故については基本的に3等級ダウンになります。

1等級ダウン事故

1等級ダウン事故は、自分の不注意ではなく車両の盗難、天災、いたずらなどの自分にはどうにもできない事故の場合は1等級ダウン事故となります。

等級制度に改定

2012年に、自動車保険の等級制度が変わりました。

先ほどお伝えしました、1等級ダウン事故もそれまでは等級据え置き事故といい、保険の等級が動かない事故であったものを1等級のダウンに変更になりました。

もう一つおおきな改定であったのは「事故有り等級」と「事故なし等級」が存在するようになったことです。

3等級ダウン事故を起こしてからの3年間もしくは1等級ダウン事故からの1年間は同じ等級でも割引率が大きくことなる「事故あり等級」が適用になります。

この事故あり等級は事故なし等級に比べて、最大で20パーセントの割引率の差が生まれます。

複数回の事故の場合は事故あり等級期間が上乗せされる

事故あり等級があるときに再度事故をしたり、1年に複数回の事故をした場合はその期間はそのまま上乗せになります。

ですので事故が2回の場合は6年間も事故あり等級になりかつ等級も6等級下がることになるので事故にはくれぐれも注意して下さい。

等級は乗り換え時にも引き継げる

ずっと同じ保険会社の自動車保険に加入していた乗り換えをする場合は自動車の等級をを引き継ぐことが可能です。

ですので保険会社を乗り換える際にも、ずっと育て続けた等級はそのままもっていけますので乗り換えの時も心配ありません。

悪い等級も引き継ぐことになる

さきほどはこの等級の引継がメリットになるお話でしたが、デメリットもあります。

それは6等級以下の悪い等級も引継がれてしまうことです。

この悪い等級を引き継がない場合には13ヶ月間は記録されるため、引継の有効期限が切れるまでは一切の自動車保険に加入せずに、待つしか方法はありません。

 

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加