任意保険

 

自動車の任意保険は加入する義務はありません。

でも加入することが当たり前になっているし、実際に加入している人がほとんどです。

自動車の任意保険ってなになのか。そしてなぜ任意保険に加入する必要があるのかお話します。

自賠責保険

自動車の任意保険をお話するにあたって、自賠責保険の話をしなければなりません。

なぜかというと、自動車の任意保険は、自賠責保険の上に成り立っているからです。

自賠責保険

自賠責保険というのは、日本の公道で自動車を走らせるために義務ずけられている、賠償保険の一種です。

自賠責保険に加入してその保険証書がないと車検に通らず、公道を走ることができないのです。

この自賠責保険は事故をした時に、ケガに対しては120万円、死亡に関しては3000万円を限度に保険金が支払われるものです。

ちなみにこの自賠責保険の特徴は、被害者が自由に請求できて加害者の意思に関係なく、治療費を受け取ることができるということ。

例えば加害者側が不誠実であり、損害賠償を拒否している場合はその事故に決着のために裁判所での裁判が行われます。

その決着がつくまで、治療費をもらうことができず被害者は治療を受けることはできません。

そんなことにならないように、国が運営している保険なのです。

自賠責保険の弱点

自賠責保険にも弱点があります。

それは保険の限度額です。

ケガで120万円、死亡で3000万円という金額は決して十分なものではありません。

普通に考えれば、ケガであればその治療費は120万円あれば十分なのですが、交通事故のケガの治療費は自由診療であるため、120万円はすぐにこえてしまいます。

そして死亡で3000万円というのはあまりにも少ない金額です。

裁判所の判例でも、遺族が生活していくために、そして被害者が生きていれば得ることができたであろう利益というのは8000万円ぐらいにはなることがほとんどなのです。

その金額なのであれば、3000万円というのは少ないということになります。

ただし、あくまで自賠責保険というのは最低限の補償を受けられるためにできたものであり、その使命ははたしている金額とも言えます。

自動車の任意保険

今ご説明した自賠責保険で足りない部分を補填することができるのが、任意保険です。

先ほどもお伝えした通り、交通死亡事故の場合の慰謝料などの合計は数千億円から場合によっては数億円に登ります。

自賠責保険では足りないのです。

正直いって被害者側は、その金額でもなんとかやっていけるのかもしれません。

自賠責保険とはあくまで被害者のための保険なのです。

それに対して任意保険というのは、加害者のための保険です。

万が一加害者になってしまった場合、自賠責保険の金額を超える賠償に関しては自分で支払う義務が生まれます。

最低でも数千万円の賠償金です。このお金を人生を変えずに出せる人はどのくらいいるでしょうか。

その保険金が救うのは被害者だけではなく、加害者の金銭的なリスクもカバーするための保険なのです。

任意保険は自賠責保険のうえに成り立っている

自動車の任意保険はあくまで自賠責保険のうえに成り立っています。

どういうことかというと、任意保険は自賠責保険では足りない部分しか補償しません。

例えば賠償金額が8000万円だった場合、自賠責保険からでる金額は3000万円です。

ですので保険会社からでる金額は5000万円です。

任意保険のメインはあくまでも賠償保険

任意保険には様々な補償がありますが、あくまでもそのメインは賠償にあります。

なぜなら車両保険などは、たとえ事故で車がなくなってしまったとしても、人生を大きく変えてしまうような出来事にはなりません。

でも人身事故で人を殺めてしまった場合は、大きく人生を変えることになってしまいます。

だからまず任意保険はまず賠償のためにある、そしてその周辺の保険は付随する補償であり、最悪保険を支払うためのお金がなかったとしても、対人対物は必ず無制限で入るようにしましょう。

任意保険の他の機能

任意保険にはその他にも様々な機能があります。

  • 車両保険
  • 傷害保険
  • ロードサービスなど
  • 示談交渉

車両保険

一つ目の機能として車両保険があります。

車両保険とは、自分の自動車を守るための保険であり、事故の時に自分の車が破損してしまった場合にその修理費用を補償してくれる保険です。

傷害保険

傷害保険とは、自動車保険では「人身傷害」や「搭乗者傷害」などがそれにあたります。

自動車事故で自分がケガをした場合の治療費や休業補償をしてくれます。

ロードサービス

任意保険には事故に付随しない、自動車関係の困ったことなどにも対応してくれます。

その一つがロードサービスです。

パンクやキー綴じ込みやガス欠など、車が動かなくなったり壊れてどうしていいかわからない場合に現場に駆けつけてくれて助けてもらえます。

さらに事故の際には、損傷で動かなくなった車を修理工場などに運んでくれるようなサービスもあります。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加