過失割合とは事故の責任を表す数字です

 

過失割合とは事故の時に、どちらがどれだけ過失があるのかを示すための数字です。

事故の解決はこの過失割合を決めることで始まり、これで終わります。

過失割合とは

事故の時、損害に対しどれだけ責任を持つかを決めた数字が過失割合です。

その割合を合計10の数字で分けて当事者に振り分けをするんですね。

それが9:1だったり8:2だったり5:5だったりするわけです。

例えば10:0の場合は被害事故ということになりますね。

ちなみに10:0の被害事故であれば、被害者は保険会社の示談交渉を受けられません。

事故の損害を過失割合で分ける

実際過失割合はどのように使われるのかというと、損害の合計を過失割合で割るのです。

 

事故の解決はまず、その被害総額が決まるところから始まります。

自動車の修理費用や怪我の治療費などの合計がわからない限り、事故は解決することができません。

そしてその合計額を、過失割合で分けた金額が、双方の支払う金額になります。

過失割合はどのようにして決まるのか

過失割合は双方が保険をしようしていたら、その保険会社同士で話し合われます。

その時の話は、やみくもに責任を押し付ける喧嘩のようなものではありません。過去の裁判所が下した判例に基づいて、話し合われることになります。

ですので、事故の過失割合はその事故の形でほぼ決まっているのです。

過去の裁判所の判例から、同じ条件の事故を探してきてその判例にしたがって判断しますので、事故の当事者たちがどうこう言って覆るようなものではあまりないのです。

ただ、それでも納得できない場合は改めて話し合いをして決めていくのですが、それでも決着がつかない場合は裁判所での判断を仰ぐ形になります。

10:0の事故はあまりない

実は、どちらかが完全に悪いという事故はほとんどありません。

両方の車がエンジンが始動している限り、少なくとも1割は過失割合が生まれるのが妥当です。

ここは結構理不尽なほどです。

側からみても完全にどちらかの責任になるような事故でもその車が動いている限り、ある例外を除いて最低でも9:1の過失割合にはなるのです。

ちなみに10:0になる事故の代表例は下記の2点です。

  • エンジンを止めて停止している車両に追突した場合
  • エンジンを止めてなくても、あいての車がバックしてきてぶつかった場合

エンジンを止めて停止している場合にぶつけられれば、自分は避けることは不可能ですし、相手に全ての原因があると言えます。

停止している時にバックしてきて当てられた場合も同じですね。

通常、自動車はバックしてくるとは思っていませんので事故を避けることはほぼ不可能です。

ただこの場合でも、駐車場内ではバックしてくることも想定できますので、10:0にならない場合が多いです。

道路交通法を無視した場合は、ほぼ10:0になる

先ほど、ある例外を除いて過失割合gは10:0になることはないと言いましたが、その例外のお話です。

道路交通法を守らず、それが原因で事故が起きた場合は過失割合は10:0になる場合があります。

「それが原因で」というところが重要で、原因がその道路交通法違反だと断定できない場合はそのかぎりではありません。

例えば、スピード違反などがそうですね。

スピード違反をしてたとしても、相手が一旦停止せずに交差点に入ってきたとしたら、その場合はスピード違反が原因の全てだとは言い難いのです。

逆もしかりで一旦停止して事故をしたとしても、相手が前方をしっかり確認していればおきなかった事故かもしれない。

やはり、ほとんどの場合で10:0になることはないのです。

ではどんな場合であれば10:0になるかと言いますと

赤信号なのに交差点に進入してきてぶつかった場合です。この場合は赤信号を守って当然なので被害者側は事故を避けることができなかったので、過失割合は10:0になります。

※事故の過失割合についてはその他様々な状況を加味して判断されます。ここに書いてある事象はほんの一例ですので参考程度にとどめておいてください。

加害者で保険を使う時は7:3か8:2であればそんなに変わらない

事故で加害者になった場合に、自分の過失が低い方がいいですよね。

でも保険を使うのなら実際のところはこの2つでそんなにかわりません。

まず加害者であれば相手の損害を支払う必要がありますし、自分の車も修理する必要があります。

その場合、保険を使うことが多いと思います。

過失割合が7か8だからといって支払が多いのは加害者ですし、その支払に関しては保険会社が行ってくれるのです。

あなたは自動車保険の等級が下がり、保険料が高くなります。

実はそれ以外に、デメリットはないのです。

もちろん刑事罰や罰金などもありますが、それは民事裁判の結果とは全く別物なので過失割合は虫して構いません。

だから7か8かによっては、そこまでこだわる必要はないのです。

被害者は違います

被害者は賠償される側です。

その金額によっては保険を使わないという選択も可能になってきます。

ですので被害者に関しては事故の過失割合にはこだわった方がいい。それによって未来の出費を大きく節約することが可能なのです。

ただしこの場合も、保険を使うことを前提にしているならば過失割合はそんなにこだわらなくていいと思います。

そこにこだわるよりは早く過失割合を認めて事故を解決に向けて動いた方が懸命だと私は思います。

 

 

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加