自動車保険の種類 -SAP-

 

自動車保険は大きく分けて3つにわけられるのはご存知ですか?

その内容によって「BAP」「PAP」「 SAP」の3つに分けることができます。

今回はその中でも「SAP」のお話です。

SAP(special Automobile Policy)

SAPとはスペシャルオートモービルポリシーの略で日本語では「自家用総合自動車保険」という名前で呼ばれています。

自動車保険とは、以下の6つの保険の組み合わせでできている保険です。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険
  • 人身傷害

その組み合わせによって自動車保険の名称が変わってきます。

この中でもっとも補償内容の手厚いのがSAPになります。

SAPでは上記の7つの補償のうち、人身傷害を含めたすべてが基本補償となっており、これ以上はないほどの自動車保険になっています。

そしてもう一つは示談交渉サービスに限定がないこと。BAPでついていない示談交渉サービスがPAPでは対人賠償保険を使う場合んのみにおいて示談交渉サービスを使えるようになり、さらにSAPでは対物賠償責任保険でも示談交渉が行えるようになりました。

対人賠償保険

対人賠償保険とは、自動車を運転している時に事故を起こしてしまい、相手を怪我をさせてしまった時の賠償をあなたに変わってしてくれる賠償保険です。

内容は相手の怪我の治療費はもちろん、後遺傷害の慰謝料、通院に対する慰謝料、そして怪我によって仕事を休んだときの休業補償も含まれています。

対物賠償保険

対物賠償保険とは、自動車を運転していて建物や物を壊してしまった時にあなたにかわってその修繕費用などを賠償してくれる保険です。

内容は建物の修繕やその修理費用、そして相手の車の修理費用なども入ってきます。

建物にぶつけてしまった時はその建物が商業ビルであった場合、その休業補償もその保険金の対象におなっています。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは自動車事故で怪我をしてしまった時に、その通院や入院の日額や死亡した際にその上限金額が保険金として降りる保険です。

相手の車がいる場合に降りる保険です。

自損事故傷害保険

自損事故傷害保険とは、事故の相手がいない単独の事故の場合に、入院日額通院日額や死亡保険金の補償をしてくれる保険です。

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険は、相手がいたとしても相手の車が無保険だった場合は相手からの補償が期待できません。

そんな時でも補償してくれる保険です。

車両保険

車両保険は事故をしたときに、自分の車が破損したその修理費用を補償する保険です。

人身傷害保険

人身傷害保険は自動車事故において自分が怪我をした場合にその治療費を支払ってくれるものです。

しかもそれは相手との過失割合に関係なく、しかも事故解決より前に保険会社がさきに治療費を支払ってくれるのです。

SAPのメリット

SAPのメリットは、なんといっても補償内容が充実していること、そして示談交渉が対人事故だけでなく対物事故でも使えるということ、そして人身傷害保険に任意で加入できることです。

補償内容の充実

SAPでは上記の7つの補償をすべてつけることができます。

ですので事故の時に、「あの保険に加入しておけばよかった」と後悔することがありません。

示談交渉サービスが対物賠償でも使える

SAPでは示談交渉サービスが対人賠償保険だけでなく対物賠償保険を利用する時にもつかえます。

BAPでは示談交渉サービス自体が存在しないし、PAPでも対人賠償のときのみでした。

対物賠償でも使えるようになったということは、人身事故でなくても使えるようになったということです。

人身事故にするためには、警察上の手続きでも人身事故にしないといけないのです。

事故の現場検証だったり刑事的な罰ができたりなど、警察とのやりとりが多くなることもあり、大事にしたくないという理由から被害者も怪我の状況が軽ければ物損事故で済ませるということが少なくありません。

そうなった場合は対物賠償しかつかえませんので、示談交渉がつかえなくて自分でする必要がでてきて手続きがおおくなったり、相手との交渉に失敗すれば多くの賠償金額を支払わなければならなくなる可能性があります。

SAPでは物損事故についても示談交渉サービスがつかえますので、物損事故でも安心して頼ることができます。

人身傷害保険に任意で加入できる

人身傷害保険は、自動車保険に加入するなら入れておきたい補償内容の一つです。

この保険に入っていれば自動車事故において、自分の怪我の治療費で悩まずに済みます。

人身傷害保険に加入できるのはSAPのみです。

 

SAPのデメリット

SAPのデメリットはあえて言うのならば、保険料が高くなることです。

補償内容が良くなれば、保険料があがるのは当然のことです。

ただ、ここもいろいろな割引をうまく利用したり、通販型自動車保険を利用すればそこまで高くならずに済みます。

 

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加