被保険者

 

被保険者という言葉を聞いたことがありますか?

保険業界でなければ馴染みのない、この言葉。

この言葉を理解するだけでも、保険のことがぐっとよくわかるようになります。

被保険者とは

被保険者とはその保険の利益を受け取る人のことを言います。

わかりにくい言葉なのでもう一度いうと、保険をかけられている人です。

なにか保険事故が起きれば保険金がおりるのですが、その保険金を受け取る人も被保険者ですし(生命保険では少し違います)賠償保険においては、その被保険者の賠償責任を保険会社が代わりに負担します。 続きを読む

ソルベンシーマージン

 

あなたは保険会社が潰れることを想像したことはありますか。

保険会社は、そんな簡単には潰れることはありませんが、未曾有の大災害が起きて保険金が一気に出て行くと、一気に資金が無くなり、あなたの保険金を支払う前に潰れてしまう可能性は0ではありません。

その資金力は保険会社がどのくらいの余力を持っているかを表した数字を見て判断できるのですが、その数字のことをソルベンシーマージン比率といいます。

続きを読む

免許証の色によって保険料が変わる?

 

 

自動車保険の見積もりには免許証の色の申告があります。

それは免許証の色によって、事故率に差があるからです。

免許証の色がいい時をできるだけ長く保つ方法があって、それにより保険料をかなり抑えることも可能だったりします。

続きを読む

自動車保険の保険料は使用目的によって変わります。

 

 

自動車保険の見積もりにはその車の使用目的が必要です。

なぜかというと、使用目的によって事故のリスクが変わるので保険料も変わってくるからです。

使用目的の決め方を知らないまま保険料の見積もりをすると知らない間に損をしてしまいます。

続きを読む

自動車保険の運転年齢の決め方

 

自動車保険の見積もりを出すための条件の一つに、年齢条件があります。

自動車保険の保険料は年齢条件の設定を失敗すれば倍にも3倍にも膨れ上がります。

条件の設定に失敗して、無駄な保険料を支払わないようにしっかりと理解しておきましょう。

続きを読む

子供追加特約

 

自動車保険の見積もりを出すときに必要な情報の一つに「子供追加特約」を付帯するかどうかという選択があります。

運転する子供がいるのなら、保険料は安くできますのでつけるべきでしょう。ただ、子供追加特約をつけるのには条件がありますし、この特約をつけられる保険会社は少なくなってきています。

続きを読む

臨時運転者特約はつけたほうがいい?

 

 

自動車保険の見積もり条件の一つである臨時運転者特約をつけるかどうか。

基本的にはつけることをおすすめしますが、運転者限定をすればつけることはできませんので、どんな場合でもつけれるわけではありません。

臨時運転者特約は家族以外の人が運転した時に年齢条件を除外して保険を適用させる特約です。

家族であれば、普段から運転する可能性が高いので年齢条件に入れないといけないのですが、年に一回どこかに出かけた時に運転代わってもらうためだけに、年齢条件を下げて保険料あげるのは嫌ですからね。

そんな時にたよりになる特約です。

続きを読む

ファミリーバイク特約

 

 

ファミリーバイク特約とはその特約がついてあれば家にある原付を運転している時も、保険が適用されるようになる保険です。

しかしバイクに乗っていればどんなときでも適用されるとは限りませんので注意が必要です。

続きを読む