自動車保険の保険料は使用目的によって変わります。

自動車保険の保険料は使用目的によって変わります。

 

 

自動車保険の見積もりにはその車の使用目的が必要です。

なぜかというと、使用目的によって事故のリスクが変わるので保険料も変わってくるからです。

使用目的の決め方を知らないまま保険料の見積もりをすると知らない間に損をしてしまいます。

それは使用目的の一つに「通勤・通学」という選択肢があるのですが、通勤や通学に使うからといって絶対に「通勤・通学」にする必要はないのです。

使用目的を通勤にしなくていいのに、通勤にしているだけで保険料が余分にとられれば、嫌ですよね。

しっかりと理解しておきましょう。

自動車保険上での車の使用目的

自動車保険には見積もりの段階で使用目的を決める必要性があります。それはなぜかというと、その使用目的によって事故に遭う可能性が違うから。

毎日通勤に車を使う人と、たまに休日に車に乗る人とでは、乗る距離も違いますし乗っている時間も違う。だから事故に遭う確率も違いますよね。

事故に遭う可能性が違うのに保険料はおかしい。だから使用目的で保険料を分けて計算しているんですね。

ちなみに全ての保険会社でこれが定められているわけではありませんので。業務で使う車はこういった料金区分がない保険会社で加入しるのが安くなる可能性があります。
(ただ保険料に関しては、実際に見積もりをしてみないとわかりませんので確かめるためには見積もりをして比べてみる必要があります)

使用目的の種類

自動車保険の使用目的は3つに分かれています。

  • 日常・レジャー
  • 通勤・通学
  • 業務

日常・レジャー

日常・レジャーは通勤にも仕事にも使わない人です。たまの休日に車に乗って遠出をしたり、毎日の送り迎えや買い物などであればレジャー・日常使用ということになります。

この場合は3種類の使用目的の中で一番安い保険料となります。

通勤通学に使わないのであれば、間違いなく「日常・レジャー」を選択するようにしましょう。

通勤・通学

通勤・通学は毎日のように通勤に車を使う場合です。

通勤に使う場合は日常などに比べて、毎日確実に運転しますし走行距離も長くなる傾向があります。

よって保険料は「日常・レジャー」より少し高めで、この3つのなかで中間の保険料になります。

業務

業務使用は一番保険料が高くなります。

当然といえば当然です。通勤・通学より、距離はのびますしさらにどんな人が運転するかわかりません。

この3つの中で一番事故の確率が高い。ですので一番保険料も高くなります。

3つの使用方法の選択

この3つの使用方法ですが、その人の個人的な見解だけで決めるわけではありません。

「すこし業務で使うけどほとんど使わないし、日常レジャーでいいかな」

とか

「週に3日は通学に使うけど、まぁ週の半分以下だから安い日常レジャーにしよう」

なんてことはできないのです。

しっかり、どういう使い方をするならどの使用目的になるかが決まっていますので、それに沿って選びましょう。

通勤・通学にあてはまる条件

通勤通学になる条件は

年間を通して週3日以上かもしくは月15日以上の日で通勤もしくは通学のい自動車を使う場合」です。

この条件にあてはまる場合でかつ、次にあげる「業務」に当てはまらなければ、「通勤・通学」になります

業務にあてはまる条件

保険料が一番高くなる、業務にあてはまるのは

年間をとおして週3日以上かもしくは月に15日以上で業務に使用する場合」です。

この場合は、どんな条件が揃っても「業務」使用になります。

日常レジャーにあてはまる場合

保険料が一番安い「日常・レジャー」にあてはまるのは、上記にあげた「通勤・通学」「業務」のどちらでもない場合です。

上の2つの条件に当てはまらなければ、保険料の一番安い「日常・レジャー」になります。

1年を通して週3日以上もしくは月15日以上

条件のお話しをしました。

上記の条件の話しは言い換えるならば、

「通勤に使っていようが、業務に使っていようが、週3日以上か月に15日以上つかっていなければ日常レジャーにしていい」

ということです。

ここを間違って、たまに通勤に使うからという理由で、「通勤・通学」にしていた場合、支払う必要におない保険料をしは楽ことになりますので、ご注意下さい。

事実の通りに申告をしなければ、保険金がおりない場合がある

保険料はみんな安くしたいものですよね。

だからといって本来「業務」なのに「日常・レジャー」にして保険料を節約するとどうなるか。

まず、犯罪などに詳しいわけではないですが、虚偽の申告をして払うべき保険料を支払わないというのは犯罪にあたるのではないでしょうか。
(裁判官ではないので言及は避けますが)

それより問題なのが、事故をした時に保険金がおりない場合があるということです。

もともと「日常・レジャー」使用での保険料しかもらっていないのに「業務」使用にしている場合は保険対象外になる可能性があるのでお気をつけ下さい。

実際には保険金を払わないのではなく、過去をさかのぼって「業務」使用した場合の保険料を差し引いた保険金が下りるという対応になると思いますが、悪質な場合には保険金がおりないと判断されても文句は言えませんので、しっかりと理解して申告しておきましょう。

スポンサードリンク

▲ページトップに戻る