自動車保険の見積もりには車両情報が必要です

自動車保険の見積もりには車両情報が必要です

 

保険の見積もりには車両の情報が必要です。

車両の情報や初年度登録年月日など、普段覚えていないような内容も出てきます。

だいたいの情報は車検証に掲載されています。わからない場合は車検証を見ましょう。

見積もりに必要な車両情報

  • 車名
  • 型式
  • 初年度登録年月日
  • ナンバー
  • 車体番号
  • 車検満了日
  • 車両所有者名
  • エアバッグ
  • ABS
  • 横滑り防止装置
  • イモビライザー

車名

車名といえば、トヨタのカローラとかアルファードとかありますよね。

実は保険の見積もり条件として使われるのはその車名ではありません。

あくまで車検証に掲載されている車名です。

そんな名前があるの?思いますが、あるんです。

車検証の車名を見てみると、「トヨタ」だったり「ニッサン」だったり「ホンダ」だったりカタカナのメーカー名であることがほとんどです。

輸入車の場合はローマ字であることもあります。

保険の見積もりの時には、車検証に書いてある車名を入力しましょう。

では、どの車なのか判断するには保険会社はどうしているのか。次にあげる「型式」で判断しています。

型式

車名はメーカー名であることはわかりました、ただしそれだけでは保険会社はどの車種なのか判断できません。

そこでどの車種か判断する為に、必要なのが「型式」です。

型式は車検証の「型式」の欄に書いてあります。

しかもこの型式には、どのメーカーのどの車種でしかもどのグレードなのかということもわかるようになっています。

保険会社はここから車両の情報をインプットしています。

自動車好きであれば、年代などを分ける為に車名ではなく型式が会話になることも珍しくありません。

初年度登録年月日

初年度登録年月日は新車で購入した人が、いつその自動車を国に登録したかを表す数字です。

これも車検証に「初年度登録年月日」という項目でのっています。

初年度登録年月日ではなにを見ているかと言いますと、何年落ちの車なのかを判断しています。

車両保険ではその保険金額上限を型式と新車登録から何年経っているかで決めています。

ですので、この初年度登録年月日によって車両保険の保険金額が変わり、結果的に保険料がかわることになります。

さらに自動車保険では「新車割引」というものもあり(新車だとみんな大切に運転するから事故の確率が低いんです笑)その新車かどうかを判断するためにも、この初年度登録年月日は使われています。

ナンバー

読んで字のごとく、自動車のナンバーですね。

これはナンバープレートにも書いていますし、車検証にもかいています。

車体番号

車体番号も保険の見積もりに必要になっています。

ナンバープレートと車体番号はその車体がどの車体なのかを判断する為に必要です。

車体番号もナンバーもこの世に2つとして同じものはありません。

車検証に書いています。

車検満了日

車検満了日も自動車保険の見積もりに必要になっています。

自動車保険は車検のついている車でないと入れませんので、しっかりと車検があるかどうかの確認です。

車検証に書いています。

車両所有者名

自動車を購入する時にローンで車を購入すると、所有者がその信販会社になっていることがよくあります。

所有者が信販会社である場合は、車両保険の支払いの時にその金額を個人に支払うのか、その信販会社に支払うのかが変わってきます。

これも車検証に記載されています。

エアバッグ

今の新車にはほぼ確実についているエアバッグですが、エアバッグがついていれば保険料が割安になります。

それはぞの自動車で事故をした際に、怪我の大きさが変わるので、保険金も変わってくるからです。

エアバッグがついているなら、保険料が少しだけ安くなりますのでしっかりと入力しましょう。

これは車検証で確認することはできません。購入したディーラーやメーカーに問い合わせをしましょう。

なおエアバッグがついている車は、ハンドルの付近やダッシュボードに「エアバック」と記載されていますのでそれで確認してもいいでしょう。

ABS

ABSとは、ブレーキの補助システムです。

このABSがついていれば、保険料が少しだけ安くなります。それは事故の確率を下げることができるからです。

ブレーキは力一杯踏みすぎると、その効果が弱くなることがあります。

そのブレーキを適度な踏力へとコンピュータが制御して、最短距離で車が止まれるようにする機能がABSです。

最短距離で停車できますので事故の確率が減り、保険料も安くなります。

横滑り防止装置

横滑り防止装置も、ABSと同じ理由で保険料が少しだけ安くなります。

車検証には記載されていませんので、メーカーに確認してみましょう。

イモビライザー

イモビライザーとは車の盗難防止装置です。自動車のキーにマイクロチップが入っておりそのマイクロチップからの信号がないとエンジンがかからない仕組みになっています。

盗難を抑制する効果があるので、保険料が少しだけ下がります。

これも、車検証に記載はありませんのでメーカーに確認が必要です。

自動車保険を安くする方法を知りたくはありませんか?



▲ページトップに戻る