自動車保険の運転年齢の決め方

 

自動車保険の見積もりを出すための条件の一つに、年齢条件があります。

自動車保険の保険料は年齢条件の設定を失敗すれば倍にも3倍にも膨れ上がります。

条件の設定に失敗して、無駄な保険料を支払わないようにしっかりと理解しておきましょう。

年齢条件とは

自動車保険の年齢条件とはその保険に加入する自動車を年齢によって制限し保険料を安くしたり高くしたりする条件です。

一般的に年齢条件をあげていけば保険料は安くなり、若ければ若いほど保険料は一気にあがります。

その条件によっては、3倍以上の保険料の差になることもあります。

年齢条件の種類

年齢条件の設定方法は保険会社によって違うのですが、一般的には

「全年齢・21歳以上・26歳以上・30歳以上・35歳以上」5種類です

ちなみに損保ジャパン日本興亜ゼネラリ保険セゾン自動車火災では特殊な年齢条件設定になっています。詳しくは各ページを参照してください。

ちなみに全年齢と35歳以上では保険料は4倍近くにもなります。

年齢条件の選び方

年齢条件の選び方は、その車を運転する人の中で一番年齢が低い人に合わせる必要があります。

もともと30歳以上の年齢条件で保険に加入しているとします。

たとえば、よく一緒に遠出する友人がいたとして運転も変わってもらう事がある場合でその友人が自分より若ければその年齢に合わせる必要があります。それが会社の後輩で新社会人(22歳)の場合は21歳以上に設定しないといけません。保険料は2倍ほどになるでしょう。

たとえばあなたの子供が18歳になって、車を運転し始めた場合にはその年齢に合わせて全年齢に設定する必要があります。この場合は保険料は3倍近くまで膨れ上がります。

しかし、うまく特約と組み合わせることでこの保険料の上昇を抑えることもできますのでその方法をご紹介します。

年齢条件で保険料を安くするテクニック

21歳以上や全年齢にすると保険料はドンとあがってしまいますが、それを防ぐ方法がいくつかありますのでご紹介します。その方法は

  • 臨時運転者特約
  • 子供追加特約

の2つです。

臨時運転者特約を利用して保険料を安くする

臨時運転者特約とは家族以外の人が運転する場合にその自動車が加入している保険の年齢条件に関係なく補償する保険です。

上記に後輩が運転する場合は、年齢条件が一気に下げて21歳以上にする必要ができて保険料は2倍ほどになります。

年に数回のために保険料が2倍になるのは嫌ですね。会社の後輩の場合は家族ではありませんので臨時運転者特約を付帯して、年齢条件はそのままで後輩の運転まで補償することができます。

そうすれば保険料は年齢条件を下げる場合に比べて安く抑えることができます。

なお臨時運転者特約を付帯することのできない保険会社もあります。

子供追加特約を利用して保険料を安くする

子供追加特約とは、年齢条件を満たさない被保険者の子供が運転する場合に年齢条件に関係なく保険を適用させる特約です。

上記の18歳の子供が運転をし始めた場合に年齢条件で対応すると、年齢条件は全年齢になり保険料は3倍ほどです。

しかしこの場合は子供追加特約をつければ、年齢条件はそのままでさげることなく子供のみ保険に適用させることができます。

保険料の上昇はなくなりはしませんが、3倍になる保険料を1.5倍ほどに抑えることが可能です。

なお、子供追加特約を付帯できる保険会社はかなり少なくなってきてます。代理店系の大手保険会社が数社対応できるのみとなっております。

大手の場合保険料が高くなることもありますので、通販系で年齢条件を満たした状態にしたほうが安い倍もあります。

その保険料が本当に安いのかは実際に見積もりをとってご確認ください。

24歳以上26歳未満は損保ジャパン日本興亜がお得

損保ジャパン日本興亜の年齢条件の設定は「全年齢・21歳以上・24歳以上・27歳以上・30歳以上」になっています。

通常、24歳以上26歳未満の場合は21歳以上の年齢条件になりかなり高いのですが、損保ジャパン日本興亜ではそこの年齢は21歳以上よりも割引が増える年齢になっていますので、ほかの保険会社に比べて安くなる可能性が高くなります。

24歳以上26歳未満の場合は損保ジャパン日本興亜の見積もりは忘れないようにとるようにしましょう。

26歳以上30歳未満はゼネラリ保険会社がお得

ゼネラリの年齢条件は「全年齢・21歳以上・26歳以上」になっています。

30歳以上の設定はなく、26になった時点で最大の割引をうけることができます。

その年齢の場合はゼネラリの見積もりは必ずとるようにしましょう。

40代50代はセゾン自動車火災がお得

ゼゾン自動車火災の年齢条件は特殊で「全年齢・21歳以上・26歳以上・30歳以上・35歳以上」に加えて「40代から50代」という年齢条件があります。

セゾンではこの年齢層が一番事故率が低いため保険料を下げており、40代50代ではセゾン自動車火災が一番安い可能性が高いです。

その年齢の場合は必ず、セゾン自動車保険の見積もりをとるようにしましょう。

 

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加