見積もり完了までの流れ

 

一括見積もりはしっかりと必要な書類を用意していれば、ほんと10分程度で入力は完了します。

その準備するものと、手順をご説明します。

用意するもの

一括見積もりで必要な書類があります。

書類とは言っても提出をするわけではなく、あくまで見積もりなので入力に必要な情報を集めるためのものです。

必要なものは以下の3点です。

  • 免許証
  • 車検証
  • 前契約の保険証券
  • 中断証明書(以前に自動車保険に加入していて中断している契約があるとき)

免許証

免許証はいつ取得したかと、免許の色をみるためにしようします。

車検証

車検証は車の情報をみるために使用します。

車種や型式や初年度登録などを見ます。

保険証券があればそれでも代用はできますが、保険証券は自動車の情報以外にもたくさんのことが書いてあるので、さがすのが一苦労ですし、前契約がない場合で初めて自動車保険に加入する場合やは保険証券もありませんので、必ず必要になります。

前契約の保険証券

 

保険証券では、前契約の等級や補償内容を同じにするために今の補償内容の確認のために用意します。

補償内容はそのままそっくりうつすのではなく、今のあなたの生活環境にあった補償内容に変更しましょう。

しっかりと毎年、見直すことで保険料の節約につながります。

初めて自動車保険に加入する人は保険証券はありませんので必要ありません。

車検証と免許証のみで見積もりができます。

そして以前に自動車保険に加入していて、中断している場合も保険証券はないと思いますので不要です。

そのかわりこの後説明する、「中断証明書」を用意して下さい。

一括見積もりの順序

自動車情報の入力

まず一番最初は自動車情報の入力です。

入力項目は4項目です

  • 初年度登録
  • メーカー名
  • 車名
  • 型式

自動車の付加情報の入力

自動車使用に関する入力です。

入力項目は4項目

  • 現在の保険加入の有無
  • 使用状況
  • 推定年間走行距離
  • 改造車か否か

使用状況に関して

使用状況に関しては選択肢が3つあります。

  • 日常・レジャー
  • 通勤・通学
  • 業務使用

日常・レジャーが一番保険料が安く、業務使用が一番保険料が高いです。

ただし、業務に使用するからといって業務使用にしないといけないわけではありません。

週に3日以上、月に15日以上業務に利用する方のみ、業務使用にしてください。

通勤・通学に関しても条件は同じです。

ここはちゃんと理解しておかないと、保険料を無駄に支払って損する可能性があるのでしっかりと理解しておきましょう。

現契約の確認

次は現契約の確認です。

入力は3項目

  • 車のナンバー
  • 現契約の内容確認(保険会社・満期日・等級・事故あり等級期間)
  • 今年の保険金請求の回数

今年の保険金請求の回数について

これは事故の回数を聞いています。

あくまで自動車事故での保険を使用した回数です。別の保険はこの回数にカウントしませんし、さらに事故をしたとしても保険金を請求しなければ、カウントしなくてもいいです。

さらに相手への補償はなく、車両保険も使用せず、自分の怪我で使っただけであればこれもカウントしなくても構いません。

運転者の情報の入力

運転者情報の入力です

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 婚姻状況
  • 職業
  • 免許証の色
  • 保険契約者との続柄
  • 直近1年間の免停や免許取り消しの有無
  • 追加する人数の人数

契約者情報

契約者情報の入力です

  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 自動車の所有者

自動車の所有者について

自動車の所有者については車検証を必ず確認してください。

ローンやリースで購入している場合は、所有者はあなたではなくローン会社やリース会社になっている可能性があります。

契約内容と保険金額

補償内容と保険金額の設定です

  • 補償内容と保険金額
  • 特約の設定
  • 年齢条件
  • 補償内容の希望
  • 代理店からの説明を希望するかどうか

補償内容と保険金額の設定について

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害補償保険
  • 車両保険

補償内容については、悩むかと思いますが

  • 対人と対物は無制限
  • 搭乗者障害は1000万円
  • 人身傷害は3000万円
  • 車両保険は初期設定

にしておけば、問題ありません

特約の設定

  • ファミリーバイク特約
  • 運転者限定

必要な特約はつけておきましょう。

運転者の限定は家族以外の方が運転しないのであれば、つけておけば保険料の削減ができます。

年齢条件

年齢条件は家族で運転する人の中で一番年齢が低い人を基準に、その人が含まれるような年齢設定にしましょう。

補償内容の希望

 

  • 補償と価格のバランス
  • とにかく値段
  • とにかく補償とサービス
  • 会社の信頼度
  • その他

入力内容の確認

入力内容を確認です。

見積もりボタンクリックすると終了です。

だいたい10分ぐらいで入力は終了

ここまでだいたい10分で入力は終わります。

そのあとすぐに見積りをすぐに見れる保険会社もありその画面でみることもできますし、代理店系からは電話がかかってくることでしょう。

ただし、電話営業が嫌であれば「代理店からの提案を希望する」に×をつけておけば連絡はありません。

その他の保険会社はメールで送信されてきます。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク