自動車保険の見積もり一括サービスについて

見積もり完了までの流れ

 

一括見積もりはしっかりと必要な書類を用意していれば、ほんと10分程度で入力は完了します。

その準備するものと、手順をご説明します。

用意するもの

一括見積もりで必要な書類があります。

書類とは言っても提出をするわけではなく、あくまで見積もりなので入力に必要な情報を集めるためのものです。

必要なものは以下の3点です。

  • 免許証
  • 車検証
  • 前契約の保険証券
  • 中断証明書(以前に自動車保険に加入していて中断している契約があるとき)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

一括見積りに必要な自動車保険証券が手元にない場合

 

自動車保険証券が手元になければ、一括見積もりサービスは利用できません。

保険証券が手元にない場合には、保険会社に問い合わせをして保険証券の再発行をしてもらましょう。

自動車保険に初めて加入する場合は車検証のみの用意で一括見積もりができますので、前契約の保険証券は必要ありません。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

見積もりの際に用意するもの



自動車保険の一括見積もりには車の情報と希望する補償内容が必要です。

そのために用意しておくべき書類は以下の書類があればスムーズに見積もりを行えます。

  • 車検証
  • 前契約の保険証券
  • 免許証

ちなみに、前契約がなければ保険証券は必要ありません。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

一括見積もりサイトで見積もりできない車種ってあるの?

 

自動車保険の一括見積もりサイトでは見積もり出来ない場合や見積もり出来ない車種もあります。

見積もりできるかどうか不明な場合を、実際どうなのかしらべてみました。

免許を持っていない場合

結論から言うと免許を持っていない場合は、一括見積もりを行うことはできません。

免許を取る前はワクワクして車の情報などをしらべたり、場合によっては免許より先に車を買ってしまう人もいるようです。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

一括見積もりに必要な車の情報の調べ方

 

自動車保険の一括見積もりをする時は、自分ですべて入力していく必要があるのですが、その中でもわかりにい情報がどこに書いてあるかどのように計算すればいいのかをまとめてみました。

使用目的

一括見積もりでは車の使用目的を入力する必要があります。

ここはしっかり理解していないと、保険料を無駄に支払う可能性がありますのでちゃんと理解しておきましょう。

使用目的には以下の3種類があります。

  • 業務使用
  • 通勤・通学
  • 日常・レジャー

この中でどれに該当するのかを選択制になっています。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

損害サービス拠点は近くにありますか?

 

一括見積もりサービスで保険料がわかったあとに、本当にその保険会社でいいのかどうか迷うことはよくあります。

保険会社がいいのかどうかを見るための指標の一つの損害サービス拠点の数があります。

自分の生活圏に損害サービス拠点があるかどうかが重要になってきます。

損害サービス拠点ではなにをしているのか

損害サービス拠点では、事故の担当者がいます。事故の時に保険のことにたいしてやりとりをする担当者のことですね。

事故の担当者は、相手の保険会社の交渉や被害者との交渉。

そして保険金を支払う時の審査をしています。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

事故対応の差

 

一括請求をしたとき、値段で安いところは数値としてわかりますが、実際に事故対応に差があれば少し高かったとしても事故対応のいいところを選びたいものです。

安かろう悪かろうではいけませんので。

事故対応の差は、数値として表れるものですので明確に比べることはできないのですが、見るべきポイントがわかればだいたいの対応の差はわかります。

それではどういったところをみていけばいいのでしょうか。

事故対応の差の比べ方

事故対応の差はある程度は補償内容を見ると、どのくらい事故対応に力を注いでいるかがわかってきます。

もちろん、商品内容以外にも事故対応の差を見ることはできます。

そのどこを見ればいいのか、絶対的な正解はないのですが、事故対応の差を見るのは以下のことを見ていけばいいでしょう。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0