人身傷害補償保険

 

自動車保険に加入するときに、必ず加入すべき保険の一つが「人身傷害保険」です。

自動車保険というと、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」の3つがメインにはなってきますが、今回紹介する「人身傷害保険」も必ず加入すべき保険といえます。

人身傷害保険とは

人身傷害保険とは、あなたが自動車事故にて、怪我をしたり死亡した場合にその怪我の通院入院費用が補償されます。

そしてさらに死亡した場合や怪我で働けなくなった場合などにはその怪我を負わなかったり、死亡しなかった場合に得られたであろう利益に関しても補償される保険です。

例えば、あなたが事故をして病院に通うことになった場合の病院の費用や入院費も出ますし、さらに怪我をしてその間に働けなかった場合の給料の補償、そして万が一亡くなった場合にはこれから先に得られたであろう収入についても補償されます。

過失割合に関係なく、あなたの怪我を補償

人身傷害はその事故のあなたの過失割合に関係なく、あなたの加入している保険会社が一括して補償します。

ですので、あなたが運転していてあなたに過失があったとしても、通院費や入院費は全てあなたの加入する保険会社もちです。

どんな事故を起こしてしまったとしても安心して治療に専念することができます。

基本的には、事故を起こした時には片方だけに過失がある場合というのは少ないのです、法律上は相手はあなたのその過失割合の分しかあなたの怪我の補償をする必要はありません。

ですので過失割合が5:5の場合には、治療費が100万円かかったとしても、相手の保険会社からでる費用は50万円のみです。

その残りの50万円を支払ってくれるのが人身傷害保険ということです。

相手の保険会社に変わって先に治療費を支払ってくれます

過失割合でもめた場合にはその事故解決に数年かかることがあります。

その場合、相手はその過失割合が確定するまでは、いくら支払えばいいのかわからないため、その過失割合の決着がつくまではあなたに支払いの義務がありません。

その場合でも、人身傷害保険に加入していれば、あなたの加入している保険会社が相手に変わって先に治療費を支払ってくれるのです。
(求償権の買取といって、あなたが相手に治療費を請求する権利を保険会社が先に買取り治療費を先にあなたに支払う形です。その求償権を使い保険会社は相手に治療費を請求します)

事故解決までに時間がかかった場合にも病院では治療費がかかっており、保険会社からの支払いが遅ければ病院はあなたに治療費を請求をします。

よく考えてみれば、病院を利用し治療を受けているのですから、病院が「早く治療費を支払ってくれ」と言ってくるのはごくごく当たり前のことです。

ただし、交通事故の場合には国民保険は使えませんので、病院では保険使用のない自由診療となり3割負担ではなく10割負担でかつ、その治療費は病院が自由に決めることが可能なのです。

ですので、治療費はあなたの予想以上に高額になり数百万円の治療費を請求されることも少なくありません。

車に乗っている人全員が補償されます

人身傷害に加入していれば、当然ですが事故の当時あなたの車に乗っている人全員が人身傷害保険を利用して治療を受けることができます。

その車に乗っていなくても補償されます

人身傷害はその車に乗っている場合だけではなく、交通事故であれば歩行中の事故や自転車を運転している場合にも補償されます。

しかもその保険適用の範囲は広く、被保険者(保険加入の際に、その車をメインで運転する人として、被保険者を設定します)の家族の交通事故で死傷した場合であれば人身傷害保険で補償することが可能です。

相手が支払い能力がなくても補償されます

事故の相手に支払い能力がなくても、保険会社が補償してくれます。

例えば、相手の自動車が自動車保険に加入しておらず、お金も持っていない場合、例え裁判で過失割合が相手にあったとしても、お金がない場合は支払おうと思っても支払うことができません。

そんなときでも、人身傷害で補償されます。

保険の重複に気をつけましょう

あなたの家族で2台以上自動車保険に加入している場合、保険の内容が重複している場合があります。

重複していると無駄に保険料を支払うことになりますので気をつけましょう。

メインの自動車を1台決めて、その自動車保険のみは一般の人身傷害を付帯し、それ以外の車では「搭乗中のみ」の条件をつけることをお勧めします。

こうすることで保険料の二重支払いを回避して、保険料を安くすることが可能です。

人身傷害補償保険は必ず付帯しましょう

人身傷害保険はどんな場合でも必ず付帯することをお勧めします。

なぜなら、先ほどお伝えした通り、事故での治療は自由診療ですので治療費は非常に高額になります。

そして交通事故では例えあなたが加害者だとしてもあなたも怪我をする可能性は十分にあります。

その場合の治療費は必要ですし、相手の保険からでるのは相手の過失割合分のみです。

安心して治療に専念するためにも、人身傷害補償保険は必ず付帯しましょう。

 

 

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加