搭乗者傷害保険について

 

搭乗者傷害保険は自動車に乗っている時に事故に遭った場合、相手の車に乗っている人は対人賠償保険で保険金がおりますが、自分の車に乗っている家族は出ません。

そんな時に自分の車に乗っている人のための保険です。

搭乗者障害保険とは

搭乗者傷害保険は自動車を運転していて、事故に遭った場合にその怪我による通院や入院の日数や後遺障害、そして生死によって定額が補償される保険です。

保険金が支払われる項目としては通院の日額5000円であったり、入院の日額で5000円であったり、後遺障害は後遺障害の等級に応じて支払われる金額が決まっています。搭乗者傷害保険金額の何%かが決まっているという形です。

保険金が下りる対象の人は、その事故の当時、その車に乗っていた全員です。

その一人一人に対して、保険金額の日額などの保険金がおりるようになっています。

自損事故でも出る

搭乗者傷害補償保険は自損事故で怪我を負った際にも保険金がおります。

自損事故の場合は相手がいないため、怪我をしたとしてもだれかがその治療費を支払ってくれる人はいません。

他のページでも書いていますが、交通事故の場合は健康保険が使用できず、自由診療になるために10割負担でかつ、自由診療は病院が値段を決めることができます。

ですので、治療費は非常に高額になることが多く負担額が大きくなります。

よって、自動車保険で補償に加入する必要がありますが、その場合に有効な保険の一つとして搭乗者傷害保険があります。

人身傷害保証保険と搭乗者傷害保険の違い

搭乗者傷害補償保険と同じような補償内容として自動車保険にあるのが人身傷害保険です。

人身傷害補償保険と搭乗者障害保険の一番の違いは人身障害補償保険はその怪我によって失った利益を実費で補償してくれるものであり、搭乗者障害保険はどんな治療やどんな入院であったとしても定額の補償が受けられるということです。

人身傷害補償保険の場合は、その治療にかかった実費や失った利益をそのままの金額で補償されますので、その保険金が足りなくなることや、逆に多くなって保険で儲けるというようなこともありません。

搭乗者傷害補償保険は、保険金額の設定によりあらかじめ決められた額によって保険金がおりる形になっていますので、例えば通院日数が多くその上治療費も安くなれば保険金があまるということも出てきます。

ただ、搭乗者傷害の一番のデメリットはその治療の間に仕事ができなくて給料が下がったとしてもその補償はありませんし、たとえその怪我のせいでその仕事ができなくなったとしてもその失業に対する補償はできません。

少し、古いタイプの補償内容といってもいいでしょう。

人身傷害と搭乗者傷害どちらをつけておくべきか

人身傷害と搭乗者傷害はどちらも自動車保険に付帯できる保険であり、その両方を同時に付帯することも可能です。

もちろん両方を付帯しておいたほうが安心ではありますが、保険料の節約を考えているのであれば、どちらか一つだけにしておきたいものです。

そういった場合は人身傷害を付帯して、搭乗者傷害を付帯することをおすすめします。

人身傷害を選ぶ理由

なぜなら、さきほどお伝えした通り、人身傷害はその必要な金額にぴったり補償してくれるものです。

搭乗者傷害はどんな場合であっても定額です。

保険の本質を考えれば、事故にあった場合に一番必要なものは治療に専念するための費用とその給料の補償です。

搭乗者傷害はその性質上金額が余る可能性もありますが、足りなくなる場合も考えられます。

余れば、少し余裕ができたりすることもあってそれはそれで嬉しいのですが保険の本質はそこではありませんし、足りなくなるのは困ります。

だから人身傷害をお勧めしています。

両方つけた場合

人身傷害と搭乗者傷害の両方をつけた場合は、治療にかかった費用などは人身傷害ですべて補償され、その上に日額などの定額が支払われることになります。

必要な補償金額は人身傷害で補償されますので、搭乗者傷害の保険金はすべて余るような形になります。

それは入院の個室代に使ったりお見舞いのお返しにつかったこともできますし、使用用途は制限されていませんので自由に使うことができます。

考えの古い代理店である場合、搭乗者傷害が優先されている場合がある

保険代理店というのは昔からある古い代理店もあります。

そして古い代理店では、最近新しくできた人身傷害をしっかりと理解していないところも少なからずあります。
(もちろんほとんどの代理店はちゃんと勉強しているので理解されています)

ですので古いタイプの代理店場合は、人身傷害ではなく搭乗者傷害が付帯されてることがあります。

そこは一度、今の証券を確認してください。

万が一、搭乗者傷害だけ入っていて人身傷害が入ってない場合は更新時に人身傷害を付帯するようにしましょう。

搭乗者傷害についてはそのままつけていてもいいとは思いますが、保険料を安くするという考えで選ぶなら搭乗者傷害を外すことをおすすめします。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加