車両保険

 

自動車保険の補償の中で一番保険料が高いのが車両保険です。

この車両保険をしっかりと理解すると、あなたに合う車両保険を選ぶことができます。

そうすることで、保険料の無駄は省き保険料の節約につながりますのでしっかりと理解しましょう。

車両保険とは

車両保険とは、保険に入っている車を運転している時に事故に遭い、その車自体の修理が必要になった時にその修理代を補償してくれる保険です。

例えば自損事故の場合は、誰も賠償してくれる人がいないため、自分で修理をしなければなりませんし、廃車にしてしまった時は新しい車を購入しないといけません。

相手がある事故だったとしても、事故には過失割合というものがありその過失割合によって相手から出る賠償金の額は変わってきます。

その過失割合が5:5だった場合は、あなたの車の修理費が100万円だった場合相手から賠償される金額は50万円のみです。

その足りない部分を補償してくれるのが車両保険というものです。

車両保険の種類

車両保険には種類があります。

保険会社によってその種類が派生し増える場合もありますが、その種類は大きく分けて下記の2種類です。

  • 一般車両
  • 車対車プラスA

一般車両

一般車両とは、別名オールリスクといい、車が破損したり壊れて修理になった場合、その原因がどんな場合でも修理代金を補償してくれるものです。

(地震・噴火・津波 及び 戦争や紛争が原因などの免責事項は含みません)

一般車両のメリットとデメリット

一般車両のメリットはなんといっても、その補償の範囲です。

自分のミスでぶつけても、相手にぶつけられてもその修理代金が補償される。

廃車にしてしまえば、同等の車を購入する費用が保険からおりる。

自動車が生活のメインになっている場合は助かる保険です。

一般車両のデメリットはなんといっても万能さゆえの値段です。

車両保険の設定する金額にもよりますが、一般車両をつけた場合は平均して自動車保険の保険料の半分ほどが車両保険になります。

言い換えると車両保険をつけないだけでも、保険料は平均して50パーセントやすくなるということです。

 

車対車プラスA

車対車プラスAとは、先ほどの一般車両の補償内容の中で、相手の車がいる事故と自然災害や盗難やイタズラでの被害を補償する保険です。

言い換えるならば、一般車両から自損事故での補償を抜いたものになります。

わざわざ言うまでもないかもしれませんが、車対車プラスAでは自損事故の場合は一切補償されませんので注意が必要です。

車対車プラスAのメリットとデメリット

車対車プラスAのメリットは一般車両と比べて、保険料を抑えられるところです。

これも平均でのお話になりますが、だいたい一般車両と比べるとその保険料は半額程度になります。

車両保険の保険料が自動車保険全体の約半分なので、車対車プラスAにするだけで半分の半分、おおよそ1/4の保険料の削減が可能です。

デメリットは自損事故では保険金が一切でないことです。例えば、走っている時に車の側面全体をかするようにあてて傷が長くついた場合は側面全体を塗り替えなければならずその修理費用は10万円はゆうに超えます。

そんな場合でも、修理するのならば自腹を切って修理しなければいけないのです。

車対車プラスAは当て逃げはでない

車対車プラスAのもう一つ大きなデメリットがあります。それは当て逃げの場合は保険金が下りないということ。

当て逃げとは停めていた車に、他の車が当ててしまい少し傷ができたり凹ませてしまった。その相手がその運転者がいないことをいいことに逃げてしまう場合はあります。それが当て逃げです。

その当て逃げの場合は車対車プラスAでは保険金はおりません。

なぜかというと車対車プラスAは相手がいない場合は自損事故とみなされ、保険金がおりないのです。

これは保険料を安くしようとして車対車プラスAを選ぶ場合の大きなデメリットになりますので覚えておきましょう。

車両保険が自動車保険を高くしている

一般車両でも書いた通り、車両保険は自動車保険の保険料の約半分を占めます。

そのい理由は、対人対物ほどの高額の賠償金にはならないのですが、その便利さゆえに事故の件数が多いことです。

ですので、どうしても保険料が高い場合は車両保険を外すという選択肢もあります。

ただし先ほども書いたように、車両保険はあなたの自動車の修理費用を出してくれる保険です。

万が一あなたが事故をして、廃車にしてしまった場合には、もう一台自動車を購入する必要があります。

そんな場合でも下記の2つのどちらかの条件を満たしていない限り車両保険に加入することをおすすめします。

  • 自動車がなくても困らない
  • 別の安い車でもいいので乗り換えるお金を用意できる。

この2つの条件のどちらかを満たせるのであれば、車両保険をつけなくても途方にくれることはありません。

 

ちなみにこのほかにも免責をつけて車両保険の保険料を削減する方法があります。

>>車両保険に免責をつけて保険料を安くする方法をチェック

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加