無保険者傷害保険

 

無保険者傷害保険というのは、事故の相手が無保険者の場合に役に立つ保険です。

「そんな今時保険に入っていない人なんかいるの?」

それがいるんです。ごく少数ですがまだいます。実際にそういう事故は起きています。

無保険者傷害補償保険とは

無保険者傷害補償保険とは、事故の相手が無保険だった場合に、その事故相手に変わってあなたの怪我に治療費などを支払ってくれる保険です。

その補償の範囲は、怪我の通院の治療費や入院費。そしてその怪我で仕事ができなかった期間の給料や収入。

そして万が一なくなってしまった場合でも、あなたが生涯稼いだでありう賃金も補償してくれます。

事故の相手が無保険者であった場合でも、相手がお金もちであればいくらでも治療費や請求はできますが、そんな方は間違いなく自動車保険に入っていると思います。

無保険者の場合、偏見ではありますがだいたいの人がお金がないから保険に加入していないという理由がほとんどでしょう。

相手と裁判したとして、例え事故の相手にあなたへの請求命令が出たとします。

もちろんその判決によって相手にはあなたに損害賠償を行う義務が発生するのですが、その損害賠償金を支払う能力がなければいくら義務があったとしても支払うことはできません。

そんなときでも、あなたの加入している保険会社が変わりに補償を行ってくれる保険。

それが無保険者傷害補償保険です。

基本補償に含まれていることがほとんど

無保険者傷害補償保険は基本的に自動車保険に加入すれば自動的に付帯されていることがほとんどです。

わざわざ加入しなくても基本補償で補償されているということですね

過失割合に関係なく補償されます

あなたに過失がある場合、相手が自動車保険に加入していたとしても、相手があなたに支払う保険金はその過失割合の分だけです。

ただそれでは、無保険者傷害補償保険に加入していれば、あなたの過失の分されも無保険者に変わってあなたに支払われます。

ですので、相手が支払いすることをひあすら待ちながら治療することもなくしっかりと治療に専念することが可能です。

自動車に乗っていなくても補償されます

無保険者傷害補償保険は車に乗っていない時にも有効です。

あなたが被保険者であれば、交通事故で死傷した際にはしっかりと治療費などが補償されません。

しかも自動車に乗っていると保険の内容は同じ。

全て全額でるようになっています。

例えば、あなたが街を歩いている時に突然自動車に当てられて怪我をしたとします。

保険に加入しているあなたの車には一切関係。でもその自動車は保険に加入していませんでした。

その場合でもその無保険車の運転者に変わってあなたの加入する保険会社から治療費などの補償があるということです。

人身傷害との違い

今話している無保険者傷害保険ですが、内容が人身傷害保険とよく似ています。

正確にいうと、無保険車傷害補償保険の補償内容は人身傷害補償保険の一部です。

人身傷害保険のなかで相手が無保険車の場合に発動するのが「無保険車傷害保険」です

ですので人身傷害保険に加入していれば無保険者傷害補償保険は必要ありません。

 

無保険車傷害補償保険で補償されるのはあくまで相手が無保険者であった場合のみです。

交通事故であなたの過失割合が大きい場合であっても、あなたがその事故で怪我をしない保証はどこにもありません。

怪我をして人身傷害に入ってなければ、高額な治療費をあなたが負担することになりかねません。

無保険車傷害補償保険に加入していたとしても安心せず、多少保険料が高くなったとしても人身傷害に加入するようにしましょう。

お車の故障に関しては補償されません

無保険車と事故した場合でも、その事故によってあなたの車が廃車になる可能性はあります。

らだ、無保険車傷害補償保険では、その車の修理費用や再購入費用はでません。あくまでも無保険者傷害補償保険で補償されるのはあなたの怪我をしたときの治療費や逸失利益に限ります。

この保険を利用して自動車の修理をすることはできませんのでご注意ください。

(お車の補償は別途「車両保険の一般」に加入する必要があります)

保険加入の際には無保険者傷害補償保険についての確認をしておきましょう

日本では今やほとんどの方が自動車保険に加入しています。

だから無保険車と事故をする可能性は非常に低くなっています。

だから保険会社にとってもリスクは低く、保険会社でもかんり安い保険料で加入することが可能です。

万が一のためにも「無保険車傷害補償保険」には加入することを強くおすすめします。

本当のおすすめは人身傷害補償保険

私の本当のおすすめは無保険車傷害補償保険ではなく人身傷害です。

ねぜなら人身傷害補償保険で全て補償されるからですね。

治療費を自分で支払う可能性があるのは無保険車だけでなく、あなたに過失割合があるときはその過失割合の分は自分で支払う義務があります。

まずは、無保険車傷害補償保険に加入は忘れずに。人身傷害についてもできるだけ加入するようにしておいてください。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加