用途を制限して自動車保険を安くする

 

保険料を安くする方法の一つとして使用用途を制限するという方法があります。

自動車保険に入る場合には使用用途を指定する必要があるのですが、その内容によって少しだけ保険料も変わってきます。

しかし、変化する金額は少ないことと、ほとんどの方が実態にそった申告をしている為、実際にはそこまで影響ないということがほとんどです。

しかし、正しく設定されていない場合であれば、ここをちゃんと設定することで保険料の無駄を省くことができます。

通勤にしようしていてもレジャー使用に該当する人もいますし、通勤に使っていてもレジャー使用に該当する場合さえあります。

使用用途の種類

自動車保険に加入する時には使用用途の設定があります。

通勤や仕事に使う場合は日常的に車に乗ることが多くなるので、事故に遭う可能性が高くその分保険料も高くなります。

使用用途は保険会社によっていろいろありますが、おおむね以下の3つで分かれています。

  • 業務使用
  • 通勤・通学
  • 日常レジャー

業務使用

業務使用の基準は

1年を通して週に5日or月に15日以上の日で業務に使用する場合

です。

通勤・通学使用

1年を通して週に5日or月に15日以上の日で通勤・通学に使用する場合

日常・レジャー使用

上記以外の場合は日常・レジャーしようになります。

使用用途によって保険料は安くなる

この使用用途によって保険料は大きく違ってきます。

業務使用は保険料が一番高くなる

上記の3種類の中で保険料が一案高くなるのは業務使用です。

当然ですよね。

業務使用が一番長い時間運転をしているし、距離も長くなります。

その分事故に遭う可能性が高くなるので保険料も必然的にあがります。

通勤使用はその次に高い

これも当たり前です。

通勤に使用するということは、業務使用まで行かないまでも毎日コンスタントに距離は伸びます。

その分、事故に遭う可能性も高くなります。

一番安いのは日常・レジャー

基本的には普段は乗らない、休みの日は買い物にだけ自動車を利用する。

もちろん年間の走行距離は短くなり事故の回数も少ない。

そんな人なら保険料が安くなるのは当然です。

使用用途に嘘をついて保険料を安くしようというわけではありません

保険料が安いからといって虚偽の内容を保険会社に申請して、保険料を安くおさめようとするとこれは詐欺行為になりますし、おそらくばれないでしょう。
(おそらくそんなことで訴えられはしません)

ただし、事故にあった際には保険料が支払われない可能性は0ではありません。

本当のことを申告しましょう。

どうやって保険料を安くするのか

実態に沿った申告しかできないのであればどうやって安くなるのかといった話です。

ほとんどの方が実態に沿った内容で申告している為、変化がある人は少ないでしょう。

しかし、通勤では使っているけど、自動車保険上では日常レジャー使用ということも稀にあり、その場合は間違って通勤使用としているため、事実の通りに設定しなおすことで安くすることができます。

間違った申告で無駄に高い保険料を支払っていませんか?

間違った申告で無駄に高い保険料を支払っている人が少数派ではありますがいらっしゃいます。

使用用途を正確に設定することにより、保険料の無駄を省きましょう。

大切なことは通勤や業務に使っていたとしても、一年を通して週5日以上or月15日以上でなければ日常・レジャー使用で構わないのです。

例えば、週に2日程度だけ通勤に使う人であれば、普段から通勤にしようしていても、自動車保険上の用途は日常・レジャーです。

日頃から通勤にしようしているからといって、絶対に通勤使用に設定しなくてもいいのです。

こういったように正しい申告をすることで、いざという時に役立つ自動車保険になりますし、無駄に高い金額を支払わなくても良くなります。

実際にどのくらい安くなるのか

ここで気になるのが、実際にどれくらい安くなるのかですが、年間で10万円を超える保険料を支払っている方で数千円ほど、2万円程度の方であれば1000円行かないぐらい安くなるでしょう。

保険料からの割合でいうならば本当に数パーセントの違いです。

あまり保険料は安くならないですね。

ただこういった少しずつの保険料の割引を重ねていくことで、数パーセントから十数パーセント。大きくなれば20パーセントほどの割引になってきます。

こうした小さな小さな努力が場合によっては数万円の違いを生み出すこともありますので、妥協せずに設定していきましょう。

週末ドライバーの方が事故が多い?

週末ドライバーの方が運転に慣れていないから事故に遭いやすいのではないかなど、普段から車を運転する人にとっては少し反論したい内容でもあるのですが、保険会社もバカではありません。

統計をとった上で、実際で実際に週末ドライバーの方が年間を通して事故が少ないからこそ保険料が安くなっています。

保険会社はそんなに簡単に保険料を安くしたりはしません笑

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加