傷害補償で保険料を安くする方法

 

傷害補償の内容を変更して保険料を安くする方法があります。

自動車保険の傷害補償には3種類の補償があって、それぞれ別の補償として加入することができます。

補償内容を充実させた方が安心ではあるのですが、実際には補償の内容が重なっている部分もあり、全部加入していては保険料が無駄になってしまいかねません。

実際、3種類の中でも人身傷害だけ加入していれば十分です。

傷害補償の種類

自動車保険では傷害補償が4種類あります。

  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険者傷害保険
  • 自損事故傷害保険
  • 人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害とは保険の対象の自動車に乗っている時に事故にあい死傷した場合の補償です。

保険金額を決めることができて、その金額に応じて通院や入院の日額や後遺傷害の等級のよって一定額の保険金が支払われるものです。

万が一なくなってしまった場合は死亡保険金として満額が支払われることとなります。

無保険者傷害保険

無保険車傷害では任意保険に加入していない自動車と事故をして、後遺傷害や死亡した時に1500万円を限度に支払われる保険です。

ただし、気をつけないといけないのが無保険車傷害では後遺傷害や死亡でないと保険金はおりないということです。

怪我のなかでも完治する怪我の治療費はでないということです。

ただし無保険車であったとしても自賠責保険には加入していますので、120万円を限度に治療費は補償されます。

自損事故傷害保険

自損事故傷害保険は相手のいない事故、例えばガードレールにぶつかったりした場合です。

自損事故であっても自動車はそれなりのスピードがでていますので、運転者や搭乗者は怪我をすることもあります。

その怪我による通院日額4000、入院日額6000円、後遺傷害に等級に応じて150万円~2000万円、死亡の場合は1500万円支払いを受けることのできる保険です。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は交通事故で怪我をした時に、その治療にかかった実費を補償するものです。

実費ですので治療にかかった費用がそのまま補償されるので治療費が足りなくなるようなことはありません。

相手がいる事故で過失割合に関係なく全額加入している補償会社が補償してくれます。さらに相手のいない自損事故や無保険車などの支払い能力のない相手だとしても全額補償してくれます。

そして、相手のいる事故であれば過失割合が決まるまで時間がかかってしまい保険金がなかなかおりないことも考えられますが、人身傷害であれば先に保険会社がまとめて支払ってくれますので、治療したいのに保険金がおりないということもありません。

あと、死亡してしまった時の補償にかんしても、慰謝料や将来得るべきだった給料にかんしても補償されます。

しかも交通事故での怪我であれば車に乗っていなくても補償してくれますし、その範囲は被保険者の同居の家族と別居の未婚の子供まで補償してくれます。

人身傷害だけで十分

頭のいい方だともう勘付いていると思うのですが、人身傷害保険だけで十分で他の補償には加入する必要がありません。

人身傷害補償であれば、どんな場合でも補償されるからです。相手がいない場合も、自損事故でも、無保険車であっても補償されます。

しかも実費が補償されますので、かかった全額が保険会社から支払われます。足りなくなることはありません。

 

人身傷害以外は外してしまって保険料を節約しましょう

今の保険証券を見てみてください。

搭乗者傷害はついていますか?無保険者傷害はついていますか?自損事故傷害はついていますか?

保険料を減らすためにははずしてしまって構いません。なぜならさっき書いたように、人身傷害に加入しておけば治療費がたりなくなることはないからです。

もちろん、保険料が高くなってもいいから補償を手厚くしたい場合は加入したままでも構いません。

ただし保険料を安くしたい場合は、すべて削ってしまいましょう。

なぜ、人身傷害以外の補償があるのか

搭乗者傷害・無保険者傷害・自損事故傷害がなぜあるのかというと、昔は人身傷害補償保険がなかったためです。

自動車保険の自由化とともに、人身傷害補償が生まれて基本的に他の補償はいらなくなってもいいと思うのですが、古い代理店なんかではあまり人身傷害補償保険のことを理解していないこともあり、今でも搭乗者傷害をつけて人身傷害をつけていないところがあるのです。

だから本当はいらないのですが、代理店がつけているままのため名残でついていることも少なくありません。

無くなってしまっていいと思うんですけどね。

一度、ご自分の保険証券をしっかりと確認してみてください。人身傷害に加入してなくて搭乗者傷害や無保険者傷害や自損事故傷害が入っている場合は、その代理店の知識は古いと思っていただいて構わないと思います。

私が保険の営業をしていても、そういった契約の保険証券を未だによく見ます。

ただ、事故が起こった時に困るのはあなたです。代理店ではありません。保険料を支払うのもあなたです。

補償はしっかりと、でも保険料は安くしていきましょう。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加