年齢条件を最適にして保険料を安くする。

 

自動車保険において保険料の節約に一番効果が出るのは、年齢条件の最適化です。

自動車保険の保険料は年齢条件によって大きく変わり、場合によっては1/3程度になることも普通にあります。

特に何年も自動車保険を見直さずに放置したままの人はこの機会にあなたの車の自動車保険の年齢条件がどうなっているか確認してみましょう。

年齢条件によって自動車保険の保険料は1/3程度になることも

自動車保険の保険料は年齢条件によって大幅に変わります。

年齢条件を変えるだけで、保険料は1/3程度になることもあります。

それは年齢条件を全年齢に設定していた場合で、年齢条件を26歳以上に変えた場合は、一気に値段が下がり言い過ぎではなく1/3程度になるのです。

ちなみに全年齢から21歳以上に変更するだけで、保険料はだいたい半額に。

21歳以上から26歳以上にするだけで、さらに保険料は半額近くになります。

ですので、若いころから自動車保険に加入していて、そのままになっている場合は大幅に節約できるチャンスです。

そして、子供が運転する予定で年齢条件を下げていたご家庭で、子供が結婚して出て行った場合などは一気に年齢をご自分の年齢条件に戻すだけで大幅に保険料を削減することができます。

年齢条件は本当に一気に保険料を変えることができますので、面倒でも絶対に見ておくことをおすすめします。

自動車保険の年齢条件とは

自動車保険の年齢条件は、基本的な形は下記5種類に分かれます。

  • 全年齢
  • 21歳以上
  • 26歳以上
  • 30歳以上
  • 35歳以上

ただ、損保ジャパン日本興亜さんでは「26歳」の代わりに「24歳・27歳」があったり、セゾン自動車火災さんでは35歳以上の中に、「40代〜50代」という独立した年齢条件が存在していたりします。

単純に全年齢の場合はどの年齢の方でも運転しているときに保険が適用されますが、26歳以上であれば25歳以下の方が運転しても保険は適用されないということです。

そして年齢条件が高くなれば高くなるほど、保険料はどんどん安くなっていきます。

なぜ年齢条件によって保険料が安くなるの?

なぜ若ければ若いほど自動車保険が高くて、年齢を重ねれば保険料が安くなるのかというと、

若ければ若いほど、事故に遭う可能性が異常に高いのです。

全年齢の場合の18歳〜20歳は本当に事故が多く、保険会社はあの高い保険料をもらってもほぼ赤字であるところが多いそうです。

運転歴も浅く、スピードを出して無茶もするし、できれば保険に加入して欲しくないぐらいなのだそうです。

その事故確率も21歳を超えたあたりから一気に下がり、保険料は半額近くになります。

そして26歳からまた下がり、さらに半額近くなります。

それぐらい若い方の保険金の請求が多いのです。だから年齢条件によって大幅に保険料が安くなるんですね。

休日に出かけたときに後輩に運転してもらいたい場合

かなり具体的に書きましたが、普段は30歳以上の人しか運転しないけどたまに集まってレジャーに行った時に運転を代わって欲しい時がありますよね。

例えば、バーべキューに行った時に自分はお酒を飲みたいから、お酒を飲まない後輩に運転を押し付けたい代わって欲しい場合です。

そういった場合に対処できる方法は2種類あります

  • あなたの加入している自動車保険が臨時運転者特約に対応しているか確認する
  • その1ヶ月だけ年齢条件を変える

あなたの加入している自動車保険が臨時運転者特約に対応しているか確認する

自動車保険には臨時運転者特約(保険会社によって特約の名前は変わりますので)をつけることができます。

この特約はつけることのできる会社とできない会社があります。

この特約をつけると他人が運転する時(臨時運転者)は自動車保険のもともとの年齢制限に関係せず保険に対応できるというもの。

なのでこの特約があなたの加入している自動車保険で対応しているか確認して、あなたは酒を飲み後輩に運転を押し付ける誰かに車の運転を代わってもらえるようにお願いすることができます。

その一ヶ月だけ年齢条件を変える

この方法は少し面倒なのですが、他人で年齢条件より下の人が運転することが予想される場合には

前もって代理店にお願いするか、ダイレクト系の場合は自分でネット上から年齢条件を変更して対応するということです。

しかもその月だけの変更をすることも可能ではあります。もちろん数日だけにして日割り計算も可能です。

しかしその変更のごとに印鑑を用意して手続きする必要性もありますし、かなり面倒な方法です。

そういったことが年に1度でもあるのであれば、臨時運転者特約に加入できる保険会社にした方が保険料も安くなり、面倒もなくなりますので変更されることをおすすめします。

臨時運転者の範囲

臨時運転者になり得る人は、年齢条件で説明した「家族」以外の方になります。

ですので、たまにしか運転しないからといって子供や奥さんを年齢条件に加味せずに、臨時運転者で対応はできません。

家族に関しては年齢条件で対応するしか方法はありません。

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加