無事故割引で自動車保険を安くする

 

自動車保険を安くしたい。

そんな場合に、今日思ってすぐ安くすることは無理でも数年間かけて少しずつ安くなっていく制度があります。

それが無事故割引です。

無事故割引によって、通常料金の最大で60%ほどの割引になります。

しかも、補償内容は落とさずにそのままの補償で60%の割引です。こんな条件の割引はありません。

無事故割引を詳しく説明していきます。

無事故割引とは

あなたは自動車保険の等級という言葉はご存知でしょうか。

自動車保険のことを調べていれば一度は聞いたことがある言葉だと思いますし、内容をしっている方も多いと思います。

ただこの等級をなめてはいけません。

最大で60パーセントも割引になる上に、事故をしてないだけで他は補償内容を犠牲にせず無条件で割引を受けられるのです。

このサイトでも色々な自動車保険を安くする方法を書きましたが、これだけ条件のいい割引は他にはありません。

ただし、最大の割引をうけようとすると、初めて保険に入った時から最短で10年はかかります。

等級によってどれくらい安くなるのか

等級は最大の割引だけではなく毎年等級があがっていき少しずつ最大割引に近づいていきます。

等級は全部で1~20あり、その等級によって割引額が決まっています。

それぞれの割引額は以下の通りです

1等級  +50%

2等級  +40%

3等級  +30%

4等級  +20%

5等級  +10%

6等級  0%

7等級  -20%

8等級  -30%

9等級  -40%

10等級  -40%

11等級  -45%

12等級  -50%

13等級  -50%

14等級  -55%

15等級  -55%

16等級  -58%

17等級  -60%

18等級  -60%

19等級  -60%

20等級  -60%

17等級から最大の60%割引になります。新規で契約するとここまでで最短で10年間かかることになります。

ちなみに一部の方のみ使える裏技もありますので後で紹介いたします。

 

等級は6からスタート

等級は初めて自動車保険に加入すると時は6等級からスタートします。

そこから1年間事故がなければ1年に1回更新時に1等級あがることになります。

ですので毎年1等級あげていって10年後の11年目には17等級にあがるということですね。

事故をすると等級は下がる

この等級は上がっていくだけの一方通行ではなく、事故によって下がることもあります。

しかも上がっていくのには1年で1等級だけですが、下がるのは1事故で3等級です。

しかも1年に2回事故をした場合には下がる等級は6等級です。最初の年に2回事故をすれば、もう最大料金の1等級まで下がるわけです。恐ろしいですね。

下がるのは実質4等級

先ほど1事故につき3等級下がるとお伝えしましたが実際には事故をしてない時に比べて4等級下がることになります。

なぜかというと、事故をしなければ1等級上がるからですね。1等級上がるはずが3等級下がって合計4等級。

無事故の人に対して4年間の差をつけられるわけです。

等級の下がらない事故もある

ただ事故をしたからといって、なんでも等級がさがるわけではありません。

等級が下がらない条件は3つあります。

  • 事故の解決に保険を利用しなかった・ロードサービスのみの利用の場合
  • 保険の加入者に過失がない場合

事故の解決に保険を利用しなかった・ロードサービスのみの利用の場合

どれだけ大きな事故をしたとしても事故の解決で保険金を請求しなければ等級には一切影響はありません。

ノーカウント事故として扱われます。

事故をしたときに車を修理工場まで運ぶためにロードサービスを利用しても事故にはカウントされません。

そのほかにも以下の利用だけであれば等級はそのまま上がることになります。

  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険者傷害保険
  • 人身傷害保険
  • 弁護士費用等担保特約
  • ファミリーバイク特約
  • 個人賠償責任保険特約

保険の加入者に過失がない場合

保険の加入者に過失がない場合というのは不可効力で車が損害を負って保険金を請求した場合です。

例えば

  • いたずら
  • 盗難
  • 水害
  • 風害
  • 火災
  • 爆発

などのものが不可効力で等級据え置き事故としてカウントされ更新時に等級は上がることも下がることもありません。
(実質は1等級あげる予定でしたので1等級下がっている計算になります)

等級は保険会社を乗り換えても引き継げる

等級は毎年毎年少しずつあがっていくものですが、保険会社を変えてしまったら一からになるんじゃないのかと不安になると思いますが、自動車保険の等級は引き継ぐことができます。

ほかの保険会社に移行したとしても、その人の等級は保険協会というところで一括管理されていますので引き継ぐことができます。

両親が使っていない等級があれば引き継ぐこともできる

両親が車に乗っててもう車に乗らなくなった場合、等級がもったいない。

それも同居の親族であれば引き継ぐことができます。

裏技的要素ですが、これができれば新規契約でも等級MAXからのスタートも可能です。

少ない金額の事故であれば、自分支払ってしまおう

無事故割引がどれだけいいのか、そして事故をして保険金を請求すれば、どれだけ損なのかわかっていただけたかと思います。

この無事故割引を有効に活用するにはまず事故をしないこと。

そして事故をしても少額であれば自分で支払ってしまうことです。

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加