インターネット割引を使って自動車保険を安くする

 

自動車保険を安くしたい時、一つの方法にインターネット割引があります。

これは代理店系の自動車保険では使えない方法ですが、補償内容はそのままで変わらずに、インターネットから申し込むだけで年間で10000円以上の割引になることもあり、ぜひ挑戦していただきたい節約方法です。

インターネット割引で自動車保険料を大幅節約

インターネット割引は保険会社によっては年間で10000円以上の保険料の節約ができます。

しかもなんと、補償内容はそのままで安くできるんです!

ここ重要です。

他の保険料の節約方法は補償内容を削って、保険料を安くするといった内容がほとんどです。なにかを犠牲にして保険料を節約する形ですね。

このインターネット割引に関しては、補償内容は決して変わらないのです。

なのに保険料を最大で10000円安くできるとなれば、やらない手はないでしょう。

2年目更新のときのインターネット割引が少ない可能性も

インターネット割引は1年目だけ高いとう場合があります。

ひどいときには1年目は10000円で2年目以降の更新時には1500円しか割引がない場合もあります。

もちろん、2年目以降はインターネット割引の金額が下がる会社がほとんどなのですが、大幅に下がる会社と2年目以降もほとんど変わりない会社もあります。

しっかりと確認するようにして下さい。

一番安くする方法は毎年保険会社を変えること

これは裏技的な方法ですが、毎年保険会社を変えることで利益度外視な保険料で保険に加入することが可能です。

なぜ1年目だけインターネット割引が高額なのかというと、

保険会社は新規顧客の獲得に必死だからです。

そして自動車保険の更新は面倒なもので、だいたいの人が乗り換えずにそのまま更新するという人が多いのでインターネット割引の金額は低くなる。

足元見られてますよね。

1年目は2年目以降のために利益度外視な割引なのです。では逆にその仕組みを利用してやりましょう。

少し面倒ですが毎年、インターネット割引が1年目だけ高い保険会社に変えて乗り換え続けるのです。そうすることで毎年あなたは利益度外視の保険料で自動車保険に入り続けることができます。

自分で補償内容を選ぶ

インターネット契約でインターネット割引を受けるためには、インターネットから申し込み内容を自分で選び加入すr必要があります。

これは自動車保険を知らない人にとっては予想以上にハードルが高いです。

対人対物、車両保険、搭乗者障害、人身傷害、対物超過修理補償・・・

わけわからない単語がいっぱいでてくるわけです。

もちろん、そのあたりは保険会社もサボっているわけではなく、初めて契約する方でもわかりやすいようにホームページ内で説明したり、入力フォームをわかりやすく設計しています。

やはりそれでも実際に対面で説明されることに比べればわからないことも多いです。

できれば詳しい人に同席してもらい選んでいくようにしましょう

乗り換えの場合は今の証券のご用意を

自動車保険に詳しくなくてもインターネット割引が簡単にできる方法があります。

それはすでに保険会社に加入している人限定なのですが、今の保険証券を用意することです。

保険証券を見ながら同様の補償内容にしていけばOKです。

ただし、注意点があります。この方法は補償内容がいつまでたってもかわらないので、数年経つとあなたの生活にあった自動車保険でなくなる可能性があります。

数年に一度は詳しい人に相談するなりしてみることをオススメします。

電話での申し込みはインターネット割引対象外

インターネット割引を受けようとしてどうしてもわからなくて、電話で問い合わせをしたとします。

その場合はもうインターネット割引の対象ではなくなります。

当たり前ですよね。「インターネット割引」ですから。しかも場合によって問い合わせする際に車体番号なども必要になりますので、問い合わせをした後に隠れてインターネットから申し込みをすることも難しいことが考えられます。

代理店系ではインターネット割引は使えない

これも当たり前ですが、代理店系ではインターネット割引は使えません。

ですのでインターネット割引をしようと思えば、必然的にダイレクト系自動車保険にお世話になることになります。

ただし、対面して保険の説明が聞けるので、どうしてもわからない場合は代理店系の保険会社の自動車保険を選ぶ事も視野に入れてみてください。

どうしても適正な補償内容がわからない場合

ホームページを見ても理解できない、周りにも自動車保険に詳しい人がいない場合は先ほどお伝えした通り、代理店系の自動車保険をオススメします。

保険は安ければ安いほどいいのですが、必要な補償に加入できないのであれば意味がありません。

なにかが起こってから後悔したのでは遅いというのが保険というものです。まずはしっかりと補償内容を充実させましょう。保険料を節約するのはそれからです。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加