賠償内容を見直して自動車保険を安くする

保険料を安くする方法の一つに賠償内容を見直して保険料を安くするという方法があります。

ただし、これは一切おすすめはしません。

実際にこの方法で保険料を安くすることは可能です。しかも無視できないほどの金額の差がうまれます。

この金額の差が生まれるのであれば他の箇所の補償を削ることも考えられますが、賠償ないようについてはどれだけ高くなったとしても補償内容は削らないようにしましょう。

自動車保険の中で賠償保険とは

賠償保険とは、誰かを怪我させてしまったり他人のものを壊してしまった時にその損害を賠償するための保険です。

すなわち自動車保険においては「対物補償」と「対人補償」という項目です。

場合によっては「対人」「対物」と略されることも多いです。

賠償保険は自動車保険において最重要

実はこの賠償保険は自動車保険においてもっとも重要な保険です。

なぜかというと、賠償保険は金額が高額になる可能性が非常に高いということと、法律的な支払い義務が生じるからです。

賠償保険の他には基本補償は「車両保険」と「障害保険」の2つがあります。

「車両保険」は事故した際に自分の車が故障してしまったり凹ませてしまった場合に、その車を事故に遭う前のと同じレベルの状態まで戻すことを目的としています。

最悪の場合は自動車がなくても人間は生きていけますので、車両保険に入っていなかったとしても、途方にくれることはありません。

「障害保険」は車に乗っているときに自分が事故で怪我をしてしまったり、後遺症が残ってしまった場合に役立つ補償です。

ただこれは自動車保険以外にもそれをカバーできる保険はいくらでもありますし、あなたにその傷害に対する支払い義務はありません。

しかし「対人・対物」の場合はそうはいきません。

金額は非常に高額になることもめずらしくなく、「対人」の場合は相手が少し怪我をすれば、数百万の請求はザラにありますし、不運にも亡くなってしまったり、重度の後遺障害が残ってしまえば、数億円の金額になることもあります。

「対物」の場合においても、高価な自動車を廃車にさせてしまったり、大きなショッピングモールにつっこんでしまえば、賠償金額は億単位になることも少なからずあります。

しかも賠償というのは法律的に一生かけてでも支払う義務が生じます。

「対人・対物」を甘く見れば、人生を棒にふる可能性もあります。

賠償保険の設定金額の種類

賠償金額の設定は数種類あります。

設定金額は以下の5種類です。

  • 1000万円
  • 3000万円
  • 5000万円
  • 1億円
  • 無制限

保険会社によってはもっと設定金額の種類が少ないこともあります

「対人・対物」ともに無制限が常識となっていて、ほとんどの方がともに無制限でかけていらっしゃると思いますので、これだけ種類があるとさえ知らない人も多いのではないでしょうか。

賠償金額に限度を設定することで安くなる金額はどのくらい?

さきほどもお伝えした通り、「対人・対物」は無制限に設定することが当たり前になっています。

では、賠償金額に限度を設定するとどれぐらい安くなるかと言いますと、多くて年間で1万円程度です。

これは事故が多い車種でかつ年齢条件も全年齢とかの場合であり、普通の車種で年齢条件も30歳以上などに設定されていれば2000円いくか行かないかといったところでしょうか。
(あくまで私の経験上の数値であって、保険会社や車種によって大きく変わる可能性もあります。正確には見積もりをしてみないとわかりません)

どうでしょう、少なくない金額ですが決して驚くような金額ではないと思いませんか。

賠償金額による節約はハイリスクローリターン

今お伝えした通り、賠償金額に限度を設定することで安くできる金額は高くて数千円から1万円程度です。

もちろん、年間で1万円安く抑えられることは嬉しいですが、それとは引き換えにこの後の人生を棒にふる可能性があります。

例えば限度額1000万円の対物補償に加入してるときに、最新の5000万円のフェラーリにつっこんでしまったらどうでしょう。

あなたは一生かけてその残りの4000万円を支払い続ける必要が出てきます。

どう考えても、ハイリスクローリターンだとはおもいませんか?

保険はなにのために加入するの?

自動車保険とは、なにかがあった時の為に入ります。

そんなこと当たり前だと思いますが、自動車保険を節約しようとした時には人間は盲目になることがあります。

保険代理店の業務を見ていると「今まで困らなかったから」という理由で、対人賠償金額に限度額をつけてまで保険料を安くしようという方もたまにいらっしゃいますし、実際している方を見かけることは少なくありません。

しかも保険の営業マンが保険料を安くするために、提案されて内容も確認せずにそのまま加入してる場合も見受けられます。

「対人と対物」は必ず無制限に設定しましょう

保険はいざというときに必要な補償がもらえるように加入して多くの保険料を支払うのです。決して「保険料を安くすること」が目的になって盲目にはならないようにきをつけましょう。

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加