東京海上日動

東京海上日動

東京海上日動の会社情報

会社名:東京海上日動火災保険株式会社

本社所在地:東京都千代田区丸の内一丁目2番1号

設立:1879年

東京海上日動の特徴

東京海上日動火災保険株式会社は(以下 東京海上日動)は1879年からの日本の損害保険会社です。

代理店型の損害保険会社で日本でトップクラスの規模です。

歴史も現存している日本国内の保険会社ではもっとも古くからありますし、創業の翌年にはすでに海外での拠点を数カ所でもつ、企業です。

そんな今でも、企業ホームページのトップには「挑戦の数だけ、保険がある。」と大々的に書いてあり、昔も今も常にその時代にあった保険を作り続けている、日本の損害保険のリーディングカンパニーです。

損害保険と生命保険を合体させて、その人のリスクを統括して保険加入できる「超保険」なども有名ですね。

個人はもちろん、法人の損害保険においても実力のある会社で、国内外で得た事故対応の実力においても国内トップクラスといえるでしょう。

代理店型の保険会社であり、代理店の担当者と対面での保険相談ができるので、重複の無駄もなく保険の抜けもなくトータル的に相談できる保険会社です。

そして自動車保険においても、1914年に自動車保険の販売を開始しており、日本で最初の自動車保険を販売する会社になりました。この分野でもパイオニアということですね。

超保険

東京海上日動には「超保険」という個人向けの保険商品があり、個人における様々なリスクを一つの保険で補償するプランがあります。

その中には、自動車保険はもちろん、傷害保険や医療保険など様々な保険サービスを網羅しています。

一つの保険で全てを網羅させることであなたのメリットは以下の点があります。

  • 保険のかけ忘れをなくす
  • 保険の重複で無駄な保険料を払わなくて良くなる
  • 窓口が一本なので、どこでどの保険に入ってるかわからなくなる心配がない
  • 年数回の保険の更新の手続きが一度の手続きで全て済む

など、優位な点はたくさんあります。

  • 保険にはいろいろ入っているがよくわかっていない
  • 結婚を機に保険加入を考えているけど、なにに加入すべきなのかわからない。
  • 保険料が高すぎるので全体的に見直しをしたい

そんな方は一度相談してみる価値はありますよ。

東京海上日動の自動車保険

東京海上日動の自動車保険の特徴は保険料が少し高いことです。

ただその高い保険料には理由があり、他の保険会社で入れる補償で東京海上では入れないものはないぐらいの補償内容です。

基本補償の対人対物車両に加えて、弁護士費用や入院時のホームヘルパーや家庭教師、外出先での事故による帰宅費用や宿泊費用など、この保険に入っておけば困ることはないぐらいです。

そのほかにも付帯できる特約も充実しており、まさに死角のない自動車保険です。

事故の怪我で入院してしまった時にも安心

事故をして怪我をし入院してしまった場合、家庭がある場合はその家庭にも迷惑かけてしまいます。

子供がいる家庭では子供を見なくてはいけない。介護をしないといけない。

そんな時にも、ホームヘルパーの費用や家庭教師の費用などを保険が補償してくれるので、安心して治療に専念することができます。

特約も充実

特約も自動セットされている特約が3つ

  • 自損事故障害補償
  • 他車運転危険特約
  • 無保険車事故障害特約

この3つの特約はすでに基本補償の中に入っているので、プラスの保険料も払わずに補償されています。

さらに以下の3つは有料にて付帯することができます。

  • 個人賠償責任補償特約
  • 車内携行品補償特約
  • ファミリーバイク特約

個人賠償責任補償特約は普段の生活のなかで、例えば自転車事故でも補償されますし、車内携行品補償特約は車に積んでいた日用品も補償されます。

ファミリーバイク特約は、原付に乗っているときの事故に関しても補償されますので、これ全てに加入すれば本当に隙のない自動車保険になりえます。

事故対応満足度は92.4%

事故対応に関してもリーディングカンパニーとして、ピカイチの実力を持っています。

ただ、大きな会社のため事故対応の担当者によって対応の質に差があるようです。

ごく稀にその担当者にあたってしまうと、相手側を怒らせてしまって解決までに時間がかかってしまうこともあるそうです。

東京海上日動の口コミ

  • 保険料は少し高いですが、その分以上に補償内容が充実しているので何年も続けて加入しています。事故対応も満足していてこれからもずっと加入したいとおもっています。
  • 事故の時に動揺してしまっていたのですが、担当者さんと話ししっかりとその場ですべきことが把握できたのでよかったです。
  • 保険料が高い。ダイレクト系と比べれば年間で数万円単位で高いこともあります。ただそれでも、ダイレクト系の場合はつけれない特約があるので安いようにも感じますし、安心のためならと思って東京海上を選んでいます。自動車保険は保険料を安くしたいから入っているわけではありませんので納得しています。
    事故には一度もあったことはありませんので事故対応がどうかはわかりません。
    これからもわからないことを願っています。

東京海上日動の保険のサービス

個人向けのみ記載します。

  • 超保険
  • 自動車保険
  • 傷害保険
  • 医療保険
  • 火災保険
  • 火災保険
  • 投資信託
  • 確定拠出年金
スポンサードリンク

▲ページトップに戻る