事故を起こしてしまったらどうしたらいいの?

 

Q:事故を起こしてしまったらどうしたらいいの?

A:まずは怪我人がいないか確認しましょう。救急や警察や保険会社への連絡が必要です。

交通事故というのは、やはりどんな人でも焦ってしまうものです。

平常心を保つのは難しい。

だからこそ、事故を起こしてしまった場合はどうしたらいいのか確認をしておいてください。

保険に加入しているのなら、保険会社の連絡先は携帯電話にいれておくといいでしょう。

けが人への対処

事故を起こした場合、まず何よりも優先して行わないといけないのがけが人への対処です。

相手の車、歩行者やバイクなどいろいろあると思います。もちろん自分が運転していた自動車の同乗者もそうです。

怪我の対処をする場合は、二次災害を生まないように安全な場所に移動すること、車をうごかせるのであればできるだけ迷惑がかからない場所に移動すること。

けが人がいるのであれば119に連絡して救急車を呼んで下さい。

警察や保険会社への連絡

けが人の対処が終われば警察と保険会社への連絡です。

警察は言わなくてもわかると思いますが、110です。

保険会社については常にわかるように、携帯の電話帳に入れておくか、もしくは車の中に保険証券か電話番号の書いてある紙をおいておきましょう。

事故にあってどうしたらいいかわからない場合は、保険会社にまず電話をしても構いません。

対処法を丁寧に一から教えてもらえます。

ここで、相手は警察を呼ばないで欲しいと言ってくる可能性があります。

相手にもいろいろと事情があるとは思うのですが、警察を呼ばないという選択肢はないように思います。

あとから、シラを切ることもできるようになりますし、警察が発行する事故証明がなければ保険会社やいろいろなところへの申請ができなくなります。

どんな状況があったにせよ、警察を呼びます。そこは間違いなく実行してください。

安易に過失を認めない

今までのやりとりをしている間の話ですが、

「私が悪い」という言葉をいうのは辞めておいた方がいいです。

自動車事故というのは、人によっては必要以上に自分に責任を課してしまう人も多く、自分が悪いと思いがちなのですが、実際に客観的に見るとそうでない場合もあります。

さらに、相手が凄んでくることもあります。そういったときも冷静に。

いくら相手が凄んできて、あなたが悪いんだと言っても決めるのは裁判所であり、自分たちの判断ではありません。

人として謝ることは重要です。

ただ、過失を認めるのとは別の話です。

「すべてこちら側で責任をもちます」とは絶対に言わない

さきほどの続きにもなりますが、どれだけ自分が悪いと思ったとしても「すべてこちら側で責任を持ちます」という言葉は使わないでください。

自分が100%悪いと思っていたとしてもです。

なぜなら、自分の判断と保険会社の判断そして裁判所の判断は全くもって違います。

自分がどれだけ悪いかと思っていても、過失割合が8:2と保険会社同士で話あって解決した場合、あなたの保険会社から出るのは事故での損害の8割しかでません。

これは保険会社の免責事項にも書いてあります。

対人賠償保険は賠償保険であり、法律上の賠償責任の範囲内でしか保険金はおりません。

だから、あなたがなんと言おうとあなたの法律上の賠償責任が8割なのであれば保険会社は8割しか出さないのです。

ただし、あなたと被害者との契約は変わりません。

それは個人同士の話でありますので、あと2割に関しては自腹を切るか相手に許してもらうしか方法はないでしょう。

100%悪い事故なんてほとんどありません。

エンジンがかかっているだけで基本的には1割の責任が発生するのです。エンジン停止して止まっている状態はまた別ですが。

相手の連絡先と保険会社を聞く

  • けが人への対処もしました。
  • 警察がきて、現場検証も行いました。
  • 保険会社にも連絡をしました。

事故で車が不動になった場合は大抵は保険会社がレッカーを手配してくれます。

相手の名前と連絡先と保険会社の名前を聞いておきましょう。

この場合、住所までは不要です。教えたくない人もいるでしょうし、自分が教えたくない場合もあるでしょう。

最悪なにかがあった場合は警察にきけば大丈夫です。

自分がそこからの交通手段がなければ、レッカーに乗せてどこか交通手段のあるところにも連れていってくれるでしょう。

冷静な判断

事故に遭った時に冷静な判断をとは言いますが、なかなか冷静になれと言われてなれるものではありません。

それでも冷静な判断が求められます。

どうしても冷静になれなければ、自動車や事故などに詳しそうな知り合いに電話をして相談するのはありだと思います。

そういう知り合いがいなければ、保険会社の事故受付サービスから連絡してもいいでしょう。事故受付サービスは毎日事故と向き合っていますので冷静ですし、あなたを落ち着かせる対処法もわかっています。

  • けが人の対処(必要があれば救急)
  • 警察への連絡・現場検証
  • 保険会社への連絡
  • 連絡先の交換

これだけすれば、警察と保険会社のアドバイスで抜けはなくなります。

どうしても不安であれば保険会社によっては事故現場かけつけサービスがある保険会社もありますので、そういったところと契約するといいかもしれませんね。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加