等級の下がらない事故ってあるの?

等級の下がらない事故ってあるの?

 

Q:等級が下がらない事故ってあるの?

A:以前はあったのですが、2012年以降なくなり1等級ダウン事故になりました。

事故をしたら3等級下がるいうイメージはありますが、実は事故の中には等級が1等級しか下がらない事故というのがあります。

2012年の新等級制度になるまでは等級据え置き事故といって、更新時に等級が下がらずただあがることもないという事故でした。

それが2012年以降は1等級ダウン事故に変更になりました。

そして事故によってはノーカウント事故になり、事故しなかった場合と同じように更新時に等級が場合もあります。

どういった内容の事故であれば、3等級ダウンでなくて、1等級ダウン事故や、ノーカウント事故になるのかご説明します。

1等級ダウン事故

1等級ダウン事故は運転していない時に車両が破損や盗難にあって、保険料を請求した場合です。

保険金は請求したものの、不可抗力でそうなったものであれば1等級ダウン事故になります。

ちなみに1等級ダウン事故であっても、1年間は事故有り等級になりますので保険料は予想以上にあがります。

例えば以下のような保険金請求の場合です。

  • 車両盗難
  • 天災
  • いたずら

車両盗難

車両盗難の場合は1等級ダウン事故になります。

車両盗難は自動車事故のように、運転中の不注意で車両を破損させたものではなく、誰かの悪意で起きた事故です。

ただし、これは重過失をのぞきます。

重過失とは、鍵をかけ忘れたまま放置していたり、鍵をつけっぱなしで放置していたなどですね。

本来、自分がしっかりと管理すべきなのに、管理がずさんで盗まれた場合は保険料が下りない場合もあります。

天災

台風や大雨や雷など、天災で車両が破損または故障した場合は1等級ダウン事故となります。

これも、自分では防ぎようがなかったからですね。

いたずら

誰かのいたずらで落書きをされたり、ガラスを割られたり、傷をつけられた時などは、1等級ダウン事故に該当します。

これも、あなたには防ぎようのなかった事故だからですね。

事故有り等級とは

事故有り等級とはここ数年間に事故があると同じ等級でも保険料が高い等級になるものです。

事故有り等級3等級ダウン事故であれば3年間、1等級ダウン事故であれば1年間です。

最大で20パーセントほど割引率が変わってきます。

事故有り等級など新等級制度について

ノーカウント事故

ノーカウント事故とは、等級に影響が一切ない事故になります。

まず、事故をしても保険上で事故として扱われないのは、保険金を請求しなかった場合。

保険金を請求しない場合は、どんな事故をしたとしても保険の等級は下がりません。

余談ですが、保険を使えばどうしても保険の等級が下がってしまうのとプラスで事故有り等級になってしまうこともあり、金額の少ない事故であれば可能な限り自分で支払った方がいいでしょう。

話を戻します。

そのほかで保険金を請求した事故でも保険上は何も影響の出ないノーカウント事故というのがあります。

どういう場合かというと、特約のみを使った場合。

そして、自分の怪我の補償を使った場合です。「◯◯傷害保険」という形で最後に傷害とついているのが自分の怪我の補償です。

例えばノーカウント事故には以下のようなものがあります。

  • 人身傷害や搭乗者傷害などの自分の怪我の保険を使った場合
  • 弁護士費用特約のみ
  • ファミリーバイク特約

人身傷害や搭乗者傷害などの自分の怪我の保険を使った場合

人身傷害や搭乗者傷害のみで保険金を補償する場合は、過失割合が10:0のもらい事故であったり、自分が車に乗ってない可能性もある保険金請求になりますので、あなたには責任のない事故です。

ですので、あなたの事故の確率が高い危険なドライバーということにはならず等級は下がりません。

弁護士費用特約のみ

弁護士費用特約のみの場合も保険の等級は下がりません。

これも被害事故で使う場合がほとんどですので、事故の確率が高いということにはならないので等級は下がりません。

ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約で事故の保険金を使った場合も等級は下がりません。

これは本当に特例ですね、あなたに責任がある事故をしたとしても、何度事故をしたとしても等級は下がりません。

理由は特約だからです。

特約であれば基本補償ではないので、等級に関係がないんですね。

これはバイク保険ではなく、ファミリーバイク特約で加入する利点の一つですね。

ファミリーバイク特約の詳細について

3等級ダウン事故

上記以外で保険金の請求をした場合は基本的に3等級さがり、かつ3年間は事故有り等級になります。

例えば、単独事故で自分の車を修理費用を保険金請求した場合や、相手の車がいる事故。

あとは歩行者に怪我をさせてしまって、その歩行者の怪我の治療費を出した場合などがそうです。

この場合でも、自分の怪我の補償だけを保険金請求をして相手の賠償や自分の車の修理費用を自分で出した場合はノーカウント事故になります。

自動車保険を安くする方法を知りたくはありませんか?



▲ページトップに戻る