台風による車両損害は自動車保険で補償されるの?

 

Q:台風による車両損害は自動車保険で補償されるの?

A:車両保険で補償されます。ただし車対車のみの場合は補償されません。

台風で車に損害が起きた場合に、自動車保険で補償されるのかですが、基本的には補償がされます。

ただし、車両保険の種類によってはその事故の原因がなにかよって補償されないこともあります。

台風による損害のほとんどは「車対車+A」の補償に加入していれば補償されます。

具体例を含めて説明していきます。

車両保険の違い

まずは車両保険の違いについて説明します。

車両保険とは事故の際、自分の車の修理が必要になった場合の補償をしてくれる保険です。

車両保険には、保険会社によって特殊な補償を用意している場合もあるのですが、大抵の保険会社では以下の3つに分かれています。

  • 車体車
  • 車対車+A
  • 一般車両

この3つの違いを説明します。

車対車

車対車で補償される内容は車対車とその名の通りで、車と車の事故の時だけ補償されるものです。

言い換えると、事故に相手の車がいるかどうかです。ですので歩行者を轢いてしまった場合や、自損事故の場合は補償されません。

さらに気をつけないといけないのが、当て逃げも補償されないことです。

当て逃げには相手の車がある事故にはなるのですが、そこから相手の自動車が逃げてしまってわからない場合に保険上では相手の車のない事故として処理されます。

ですので車対車では、当て逃げも補償されませんので注意が必要です。

 

車対車+A

車体車+Aは先ほどの車対車の補償にプラスして。天災やいたずらなどの補償を追加したものです。

ただし、車対車+Aであっても当て逃げについては補償されません。

ちなみに、いたずらや天災による補償で保険金の請求をした場合は普通の事故の3等級ダウンではなく、1等級ダウン事故として扱われます。

一般車両

一般車両とは言い換えると、どんな場合でも補償されます。

例えば、車対車では補償の対象外であった自損事故や歩行者を轢いてしまったときなどがそれにあたります。

さらに当て逃げも補償されます。

基本的に一般車両に入っておけば、ほとんどの場合で補償されると思っていていただいて構いません。

ただし、保険の免責事項以外に限ります。

(免責事項とは「地震・噴火・津波」や「戦争・紛争」などがそれにあたります)

台風による事故の具体例

 

風で物が飛んできてフロントガラスが割れた場合

風などの天災が原因で車が破損した場合は天災による損害になりますので、車両保険の「一般」か「車対車+A」で補償されます。

ただし「車対車」では補償されません。

雨で道が濡れていてスリップしてガードレールにぶつかった場合

ガードレールにぶつかった場合、これは自損事故になります。

それが台風の雨が原因であっても、運転者のミスには変わりませんし、運転しないということも選択できたはずです。

ですのでこの場合は「一般車両」でのみ補償され、「車対車+A」と「車対車」では補償されません。

なおガードレールの修繕費用については、対物賠償保険で補償されることになります。

雨で道が濡れていてスリップして他の車にぶつかった場合

他の車にぶつかった場合は、相手がいる事故になります。

この場合、台風であってもなくても関係なく「一般車両」「車対車+A」「車対車」のすべての場合において車両保険に入っておけば補償されることになります。

なお相手の車に損害があった場合は対物賠償保険から補償され、運転者や相手の車の搭乗者については対人賠償保険で補償されることになります

雨で道が濡れていてスリップして歩行者にぶつかった場合

歩行者にぶつかった場合は、相手の車はいないことになりますので保険上では自損事故となり、自分の車の補償は「一般車両」でのみ補償され、「車対車+A」と「車対車」では補償されません。

なお歩行者の怪我の補償については対人賠償保険で補償されます。

大雨で洪水が発生し水没した場合

大雨で洪水が発生して水没した場合は、天災による事故になりますので全損であったとしても補償されます。

台風で事故をした場合の運転者や車に乗っている人の怪我の補償

台風で事故をした場合にの自車の怪我の補償は、「人身傷害」「搭乗者傷害」「無保険車傷害」に加入していれば補償されます。

それに加入していなければ補償されないことになります。

ただし、相手の車がいる場合は、過失割合によってその過失分は相手が支払ってくれることになります。

台風による損害が心配な場合は「車対車+A」以上の補償を

台風での損害を心配するのなら、「車対車+A」か「一般車両」に加入しましょう。

天災による損害は「車対車」では補償されません。

そして、運転中の事故に関しては台風であってもなくても、その補償の範囲は変わりません。もちろん台風の雨や風のせいで車のコントロールできなくなって事故をしたとしても、運転中のミスには変わりませんので天災が原因の事故とはならないのです。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加