1台の車で複数の死傷者を出してしまったらどうなるの?

 

Q:1台の車で複数の死傷者を出してしまったらどうなるの?

A:一人一人に対して限度額を上限に補償されます。

あなたの車1台で1回の事故で複数の死傷者を出した場合ってどうなるんでしょうか。

たまにありますよね。高速道路の渋滞の最後尾に衝突して複数の玉突き事故になったり、最悪な場合を想定すれば集団登校中の小学生の列に突っ込んでしまったり、ショッピングモールの駐車場でアクセルとブレーキを間違えて建物に突っ込んでしまったり。

基本的には、そういった場合でも大丈夫な保険の構造になっています。そして保険加入者もそこまで想定して、保険の内容を考えるべきなのです。

なぜかというと、自動車保険の本質はそういった高額賠償にあるからです。実際には自動車保険の保険金請求で一番多いのは車両保険。車両保険はたとえ車が廃車になってしまったとしても、困るのは困りますが、人生が狂うほどでは決してありません。

本当に困るのは、さきほど言った複数の賠償事故が重なった時や、被害者を死亡させてしまったときなどの、賠償金額が高額になってしまった場合です。

賠償金が数千万円から数億円に上ることもあり、そうなったときに補償が足りなければ人生を大きく狂わせてしまいます。

一番便利な保険は車両保険です。

対人対物の無制限なんて、人生に1度使わない人の方が多いのです。

ただそういう万が一のために入るのが保険であり、最悪の場合を想定して保険を選ぶようにしましょう。

複数の死傷者を出してしまった時はどうなるのか

複数の死傷者を出してしまった場合は、その一人一人に対しての賠償金が発生します。

交通事故で死亡させてしまった場合って数千万円から2億円程度と言われていますが、複数名死亡させてしまった場合は、その金額の人数分になります。

無制限であれば、上限金額は無制限なのでまったく問題なく補償されますので、被害者にたいして賠償金額のことで困らせることも、自分が困ることもありません

限度額は被害者一人に対しての限度額

例えば対人賠償保険に上限金額を決めていた場合です。

上限金額をきめていた場合は、その上限金額の単位は1人に対しての上限金額なので、上限金額は5000万円であれば1人あたりの賠償額になり、1人につき5000万円が賠償されます。

まぁそれでも全然たりないですよね。一人あたり、数千万円から2億ぐらいにあるんです。

2億だとしたら1/4しかでないことにはなりますから、まったくもって足りない数字です。

ただし自動車保険は自賠責保険の上になりたっています。

自賠責保険の限度額は3000万円

自賠責保険の自坊事故の限度額は3000万円です。この自賠責保険の単位も1人あたり3000万円です。

ですのでさきほどの5000万円を加えると合計で8000万円です。

ただこの金額をいくらまであげればいいかという話はキリがありません。

どこまであればいいのかという金額はないのです。だから一人あたりであっても無制限に加入するのが妥当なんですよね。

人身傷害や搭乗者傷害

人身傷害や搭乗者傷害にも限度額がありますがこれも複数人の死傷者が出ているとどうなるのでしょうか。

例えば、人身傷害5ooo万円、搭乗者傷害3000万円、対人無制限で加入していて、その車には被保険者と被保険者のお配偶者、そして被保険者の友人夫婦の計4人が乗っていたとします。

それぞれの命の価値はわかりやすいように1億円だとした場合の保険金の額はいくらになるでしょう。

まず被保険者と被保険者の奥様に降りる保険金の金額は人身傷害の上限金額の5000万円に搭乗者傷害の3000万円の合計で8000万円です。

そして友人夫婦は賠償金額はまた計算が変わります。

友人夫婦には自分たちの傷害という考え方の他に運転者として安全運転していなかったという意味の賠償金も発生します。

ただ人身傷害と対人は同時に別項目ではなく、実費を補償するタイプの保険であるので人身傷害と対物と合わせて1億円。

そして搭乗者傷害の3000万円の合計の1億3000万円です。

ここで疑問なのが、運転者の安全運転の義務は他人である奥様にも発生するのではないかということですが、これは実は発生しません。

なぜかというと対人賠償保険はその名の通り賠償保険です。

賠償保険の保険金がおりるには「法律的な賠償責任があるか」ということが問題になってきます。

その視点において配偶者は家族であるので法律的な賠償責任が発生しません

ですから対人賠償保険の保険金がおりることもないのです。

まとめ

複数人の死傷者を出しても、自動車保険ではしっかりと補償されるようになっています。

そのかわりその本領が発揮できるのは無制限の場合のみ。

被害者は複数であれば、その一人一人を対象に保険金はおりますが、それでも無制限でないとたりなくなる場合はあるのです。

それは少ないといえば少ないのですが、そういった万が一の時のために、必ず無制限には入るようにしましょう。

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加