事故の時の保険金支払いまでのはどんな流れなの?

事故の時の保険金支払いまでのはどんな流れなの?

 

Q:事故の時の保険金支払いまでのはどんな流れなの?

A:会社によって細かくは異なります。おおきな流れをお話します。

保険金の支払いまでの流れは、基本的には以下の流れになります。

  1. 事故書類の提出
  2. 請求金額の確定
  3. 保険金額の確定
  4. 相手との示談交渉
  5. 保険金支払い

事故書類の提出

事故をするとまず、事故現場にて事故受付を行います。

そのあと代理店系の保険会社であれば代理店から、通販系であれば事故担当からこれからどういう流れで進むのかの連絡があります。

その時に請求されるのがこの書類です。

事故の状況を説明する紙や保険金の請求書、事故受付書など結構枚数はあります。

おそらく初めて見る書類ばかりなので、とまどう可能性はありますがその書類の作成方法は事故担当や代理店の担当さんに聞けば問題ありません。

これが事故書類の提出です。

請求金額の確定

次に請求金額を決めます。

基本的には自動車に修理費用にかんしては修理工場が行ってくれますし、怪我に治療費にかんしては病院が行ってくれますので、基本的にすることはありません。

しかし、怪我の治療は数年単位で長く続く場合もあり、その通院や入院が終わるまでは請求金額は確定しません。

あまりにも長く続く場合は、ある程度症状が治らないなと判断したところで「症状固定」という判断が病院から下されます。

「後遺症」という形ですね。それ以降の治療費などは自賠責保険の後遺障害認定で判断されて固定の金額が支払われる形になります。

なお、そこまでの数年間自動車が請求金額が確定しないために次に進むことができず自動車の修理ができないということはありません。

対人賠償保険と車両保険は別々の保険で成り立っているので、車両保険だけ先に確定して請求することが可能です。

保険金額の確定

保険金額の確定です。

治療費については保険会社から支払われない治療は病院が行いませんので、ほぼ全額支払われます。そして最終的に後遺障害認定がおりれば、保険金額が確定します。

車両保険や対物などの保険金額の確定は、保険会社によっては長い時間がかかります。

早い保険会社であれば、事故後すぐに見積もりを出しても少ない金額なら即日確定するぐらい早いのです。

たとえ数百万円単位の場合でも、事故後すぐに修理工場に見に来てどこを直さないといけないのかを修理工場で対面で業者さんと話します。

ここで、修理箇所をもう把握してから、あとは金額だけの話になるので、請求が来たら翌日には確定する事がほとんどです。

遅い保険会社であれば修理工場が請求する形になるのですが、修理箇所が多かったりするとここはいらないんじゃないかなど、そう考えても必要な修理費用まで削ってくることがあります。

一度、修理工場まで事故担当者が来て、写真を撮って帰ってまたさらに時間がかかるという場合もあります。

保険金の降りるのが早い遅いはここで時間を食っている場合が多いですね。

相手との示談交渉

今までの通院や、請求と同時進行で示談交渉を保険会社が進めていきます。基本的には今までの裁判所の判例をもとに過失割合が決まるので、数週間で確定します。

最終的に双方の当事者が、折り合えば示談交渉の成立です。この過失割合が折り合わなかった場合は裁判で決着をつける形になります。

裁判で決着をつける場合は、示談交渉で保険金額が確定するまで裁判は始まりません。

そして裁判が始まってからも半年ほどかけて過失割合が決まる形になります。ですので裁判をする場合はかなり時間がかかります。

保険金支払い

ここまで全部確定して、保険金がおります。

だいたい、車両保険関係は早い会社であれば、事故から1週間以内です。

示談交渉を終えるまでもそんなに時間はかかりません数週間で終わるでしょう。

裁判をしたり、治療が長引いている場合はその分時間がかかります。金額が確定するまでは当然支払いはできませんので。

指定工場の場合

さきほどの保険金額の確定ですが、保険会社によっては指定工場というものがあります。

これは保険会社と提携している修理工場で、ここに入れれば保険会社も信頼をしているので、請求がなにの審査もなく通ります。

ですので保険金が降りるまでがかなり早くなるのと、その預けている間の台車も無料でずっと借りることができます。

実は事故の時って普通は台車えを出してくれないのです。台車を貸してなかなか返ってこなければ修理工場は困るのです。

保険を使った修理の場合は保険がおりるまで修理をすることができませんので、結果長くなってしまうことが多いので敬遠されるのです。

ただ提携工場であれば、保険金額の審査がおりるのがわかっているので保険金がおりる前に修理を開始することができるのです。

だから台車が借りれますし、自分の車が帰って来るまでも早く保険金がおりるのも早くなります。

あなたが入っている保険会社に提携工場があれば、事故の際にはメリットが多いので使うことをおすすめします。

スポンサードリンク

▲ページトップに戻る