保険がつかえない事故はあるの?

保険がつかえない事故はあるの?

 

Q:保険が使えない事故はあるの?

A:免責事項がありますので使えない場合があります

自動車保険が支払えない事故はあります。

それは免責事項に該当する部分です。

免責事項とは責任を免ずると書きますが、保険においてこの場合は保険金は支払いませんよという事項のことです。

保険会社によって多少の違いはありますが、概ねこの記事で記載してある通りで間違いありません。

免責事項についてご説明させていただきます。

賠償責任のない事故

賠償責任保険の特徴として、法律的な賠償責任があることが前提になっており、法律外の賠償金(口約束のような)においては保険金は支払うことはありません。

事故において賠償責任がない事故ってないのでは?と思うかもしれませんが、2通りあるのです。

  • 家族をひいて怪我をさせた場合
  • 自分の家に車をぶつけてしまった場合
  • 個人間の話し合いで出た賠償金

家族をひいて怪我をさせた場合

家族に車をぶつけてしまい怪我を負った場合は対人賠償保険は支払われません。

これは家族間には賠償する責任が生まれないからです。

賠償責任のない事故では賠償保険は使えません

個人間の話し合いで出た賠償金

事故をした時に、自分に完全に非があると思い「こちら側ですべて補償します」といってしまった場合などです。

これは自分が認めれば保険会社も出してくれるのかと思いきや、実は保険会社では法律にのっとった過失割合分の補償しかしません。

自動車が動いている限り、どちらの車にも確実に過失割合は生まれます。

その差額分は自分で出すか、もしくはもう一度相手と交渉するしかありません。

飲酒運転などの違法運転

飲酒運転・麻薬や薬物の服用・無免許運転など、違法運転をしながらの場合は保険がおりません。

飲酒運転などをすれば事故になるのは目に見えておりさらにこれでも保険金を支払えば、保険会社が犯罪幇助をしている状態になりかねません。

この時、支払われないのは車両保険・搭乗者障害・人身傷害についての保険は支払われません。

ただし、対人賠償保険や対物賠償保険となる賠償保険についてはこの限りではなく、「被害者保護」の観点から支払われることになします。

相手に対する補償については支払われるが、運転者及びその同乗者についての補償は一切支払われないこととなりますのでご注意ください。

地震・噴火・津波が起因になる事故

地震・噴火・津波が原因による事故に関しては免責事項となっており保険料の請求はできません。

この場合、対人・対物・搭乗者傷害・無保険者傷害・人身傷害の全ての項目において補償されません。

これはなぜ地震や噴火や津波が原因の事故が支払われないかというと、地震や津波というのは、一度に大量の自動車が破壊され、大量の家屋が倒れることとなります。

こうなった場合、この保険金を支払っては保険会社は生き延びていけないのです。

だから保険会社では自動車保険以外のどんな保険商品であっても、地震に関しては補償されないこととなっております。

ただし、一部の保険会社では地震に対する補償も用意しています。

ただし、これは自動車が全損時に限り最大50万円の一時金を補償するというものであって、通常の車両保険ではありません。

地震に対する補償が欲しいときには、そういった補償がある保険会社を選びましょう。

地震・噴火・津波が原因となる事故の例

  • 津波によって、自動車が水没した場合
  • 噴火による落石で自動車がつぶれつぶれてしまった場合
  • 地震で建物が倒壊して、自動車がその倒壊した建物の下敷きになり全損した場合。
  • 地震のゆれによって上階の植木鉢が落ちてきて、フロントガラスがわれた場合

津波によって、自動車が水没した場合

津波によって自動車が水没した場合は車両保険を使うことができません。

ちなみに大雨による水没では、車両保険は適応になります。この違いは同じ水没でも原因の違いです。

水没であっても、原因が津波であれば保険は聞かなくなります。

噴火による落石で自動車がつぶれつぶれてしまった場合

噴火によって岩が飛んできて、車にあたり窓ガラスが割れた場合も免責となり補償の対象外です。

地震で建物が倒壊して、自動車がその倒壊した建物の下敷きになり全損した場合。

地震で建物が倒壊してその下敷きになった場合これも免責となります。

この事故の場合は建物の倒壊が、自動車が全損した原因なのですがその原因が地震であったために起きた事故になりますので、免責になります。

ただし、地震がなく突然倒壊した場合においては、地震とは関係ありませんので支払対象となります。

地震のゆれによって上階の植木鉢が落ちてきて、フロントガラスがわれた場合

地震の揺れで物が落ちてきて損害を被った場合にも免責事項となりますので、補償の対象外となります。

理由は建物の時と同じく、原因が地震であるからです。

大きい地震だけが心配なのかというとそういう訳ではないとうことをわかっておいてください。

戦争・武力行使

戦争や武力行使による車両の損害の場合は免責事項となり、補償の対象外です。

理由は、地震などと同じく一度に大量の損害が出て保険会社が補償しきれないからです。

自動車保険を安くする方法を知りたくはありませんか?



▲ページトップに戻る