物損事故での高額賠償事例

 

物損事故での高額賠償事例を紹介します。

当サイトでは対人賠償保険だけでなく、対物賠償保険も無制限にすべきとうたっています。

それは物損事故であっても高額賠償になる可能性があるからです。

それでは高額賠償事例をご紹介します。

超高級車に衝突

信号で停止中の高級車(時価額1億円)に衝突。

全損の為、賠償額1億円

これはもう説明しなくてもいいぐらいわかりやすい例ですね。

交通事故の車が高級車だったってことです。

そんな高級車なんかほとんど走ってないかもしれません。そんな高級車にぶつけるのは交通事故をした時の1/1000確率かもしれません。

ですが実際に有りえる話だと思います。

観光バスに衝突

観光バスに衝突して車が炎上して全損

賠償額3000万円

さきほどの高級車はさほど入っていないので出会うことも少ないのですが、観光バスはよくみますよね。

実はあの観光バスはかなり値段が高いのです。

車体価格だけで、3000万円から5000万円。

さらにそこから、内装を変えたり、座席を大きいものにしたり変更します。場合によっては1億円ほどにまでなります。

しかも、観光バスの場合は中に乗客はたくさんのっている事もありえますので、その対人賠償を考えると賠償額はとんでもないことになります。

観光バスなら、まぁぶつかっても全損することはないだろうとも思いますが、

観光バスは高速道路上でもどこであろうと走っていますし炎上しなかったとしても、あなたの車と少し衝突しただけでバランスを崩し横転する事故だって考えられます。

その横転の原因があなたなのであれば過失割合も大きくなりこの事故よりも賠償額が高くなることもありえます。

コンビニエンスストアに衝突

コンビニエンスストアに衝突し店舗内まで車が侵入。

商品はすべて売り物ではなくなり、再開店まで3ヶ月

賠償額2000万円

コンビニエンスストアに衝突した場合は建物や商品の復旧にも賠償金が必要になってくるのですが、それ以上に大変なのが、休業損害です。

休業損害とは、その店舗が事故なく運営していれば得られたであろう利益の補償です。
(あくまで利益であって売り上げではありません)

さらに店舗への休業損害にプラスで、店舗スタッフの休業損害もあります。

店舗スタッフの店舗が休業している間は出すことができなくなりますが、その負担も必要になり休業が長くなればばるほど、店舗の物損事故では賠償額が大きくなります。

大型スーパーに衝突

大型スーパーの入り口に自動車で衝突

休業1ヶ月

賠償額5000万円

大型スーパーに衝突した時の賠償金は、さきほどのコンビニエンスストアのような店舗の改修費用もありますが、さらに休業損害が大きくなります。

1日の利益はコンビニエンスストアの比ではありません。

さらに従業員の数も多くなりますので、給与補償んも金額も大きくなります。

そして、スーパーでの商品はほとんど棋戦食品などの食べ物がほとんど。

消費期限が近づけば、商品は売れなくなります。休業中に商品のほとんどが不良在庫になってしまいその補償も必要になります

雨の日にタバコを積んでいるトラックに衝突

雨の日にトラックに衝突

タバコが濡れて商品としての価値が0円に

賠償金額3000万円

トラックへの衝突は自分が乗用車に乗っているかぎり、トラックの方が強度が強いのでそんなに物損の賠償金額は高くなりません。

ただし、トラックの場合は積み荷によって賠償額が大きく変わってきます。

今回の紹介したのはタバコです。

事故によって荷物がトラック内で潰れて、箱がぐしゃぐしゃになってしまった時点で商品としての価値が0になります。

さらに無事であったものも、雨に濡れてしまいトラックに積んでいる積み荷が全て商品としての価値がなくなった事例です。タバコは金額としては全然高くないように思うのですが、あの大きさでの値段なのでトラックの積み荷になれば量もとても多いのです。

一つは小さかったとしても、量が多くなれば途端に賠償額も大きくなります。

今回の事例はタバコですが、これが小さい小さい高価な電子機器だったとしたらもっと高額になる可能性もあります。

遮断中の踏切に侵入して列車と衝突

遮断中の踏切に侵入して列車と衝突

賠償額1億2000万円

ニュースになってしまうような、事故ですね。

そこからその線路は遮断。交通にも影響が出たのと、列車自体の損害。

そして人身賠償も含めれば、とんでもない金額になってしまいます

パチンコ店に衝突

パチンコ店に衝突して休業2ヶ月

賠償額2億4000万円

パチンコ店の場合、スーパーなどのように消費期限のある商品ではないので、商品の劣化による賠償金はありませんが、毎日の利益と働いている人の数が多いので、休業損害と給与補償がとてつもなく高額になります。

特に毎日の利益は大型店であれば、数千万円に上ることもあるらしくそんなパチンコ店に衝突してしまった時は金額はもっと大きくなるかもしれません。

 

無料で教える!自動車保険を安くする5つの方法とは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加