【無料】安い自動車保険の5つのポイントとは?
ネット上の調査によると世の中の64%の人が、自動車保険は「料金」で選ぶという結果がでています。保険料が安いからと言って、他社より著しくサービスが悪いなどということはほぼありません。保険料を安くするためには、保険に制限をつけることでかなり変わってきます。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

自動車保険会社ランキング2016

イーデザイン損害保険
iidezain

(評価5.0)
価格5.0 補償4.5 接客5.0
基本的に自動車保険のノウハウは東京海上日動から引き継いでおり、保険の内容には文句のつけどころがありません。インターネット割引が何年目でも1万円で変わりません。ロードサービスは自動付帯、拠点は9300箇所、提携修理工場サービスも充実しています。

セゾン自動車火災保険
sezon

(評価4.5)
価格5.0 補償4.0 接客4.5
少し手間でも、値段を安くしたい。でも中途半端は保険は選びたくないといったかたには最適な保険会社だと思います。40代と50代の保険料が特に安く、事故対応サービス満足度92.6パーセントです。

ソニー損害保険
sony

(評価4.0)
価格4.0 技術4.0 接客4.0
ダイレクト系の中でも事故時のサービスに力を入れており、顧客満足度もなんどもNO1を獲得しています。ダイレクト系保険では事故対応が不安と言われている中で、事故対応にかなり力を入れている会社と言えるでしょう。

三井ダイレクト損害保険
mitui

(評価3.5)
価格3.0 技術3.0 接客3.5
今流行りのリスク細分型の項目の多い保険ではなく昔ながらの自動車保険をひたすら進化させていったような印象です。特約にはなりますが「地震・噴火・津波」による被害にも対応できるのが、この保険の特徴です。

チューリッヒ保険
zurich

(評価3.0)
価格2.5 技術3.5 接客3.0
自動車保険においては、ダイレクト系の特徴でもある保険料の安さとともに、ロードサービスは代理店系を含めてもトップクラスの内容です。保険料については国内のダイレクト系の安いところに比べれば少し割高感は否めません。

自動車保険を安くする5つの方法とは?

自動車保険は運転する人を限定する

a1180_010410

運転する人を限定することで、自動車保険は安くなります。交通事故をおこすドライバーは若いほど多いというデータがあり、それを元に保険料を安くすることができます。

「30歳以上限定」「35歳以上限定」「1歳刻み」のように保険会社によって表現や設定がいろいろ違っているので、自動車保険が安くなるところを選ぶと良いでしょう。

また、配偶者限定や、家族限定など様々な条件をつけることでぐっと保険料を安くすることができますので、いろいろと検討してみると良いでしょう。

他には、年間の走行距離が短い人なら、走行距離の割引がある保険会社が断然有利です。

この時、「12000km未満・12000km以上」というような大きな区分の会社よりも、「3000km、4000km、5000km」というように細かく区分がある会社のほうが有利になるケースもあります。

少し複雑ですが、料金にかかわることなどで比較検討をすべきところの1つです。

自動車保険は、人身傷害保険と搭乗者傷害保険を見直しをする

6023e1fee83c6d052624281309ba9272_s

「人身傷害保険」では、怪我をした場合、治療費、会社を休んだ場合の補償、慰謝料などが支払われます。

一方、「搭乗者傷害保険」は、通院1日当たり何千円、もしくは症状に応じて数万円といった形で支払われる保険です。

ですから、人身傷害保険さえ加入していれば治療費などは費用は心配ないので、搭乗者傷害保険は絶対必要という訳ではないというのが一般的です。

人身傷害保険は死亡した場合や重度の後遺障害が残った場合でも、設定した上限金額が全額支払われる訳ではありません。

いくら高額な死亡保険を設定したとしても、自分の現在の年収や職種家族構成などから「生きていたら稼いだであろう金額―生活必要経費=支払保険金」をはじき出しますので、よほどの高収入の人でなければ全額もらることはありません。

また、死亡や重大な後遺症が残ってしまった場合は、生命保険からも保険金が支払われるので、合わせていくらぐらいになりそうということも検討の余地は十分あるかと思います。

自動車保険は無駄な特約の見直しをする

a0002_006421

自動車保険には様々な特約があります。

その中でも他の保険と補償内容が重複することが多い、「弁護士特約」と「日常生活賠償保険」は、付ける前にしっかりと確認しましょう。

この二つの保険は傷害保険や、火災保険にも同様のオプションが無料でついていることが多いですので、自分の加入している自動車保険以外の保険の補償内容を確認しておきましょう。

医療保険や死亡保険などにそれらのサービスがついている場合は、どんどん特約をはずしていきましょう。

特約も保険会社によって値段やサービスが違う事が多いので比較検討する必要はあります。

自動車保険は車両保険の見直しをする

ad6d29908806f849af4c4204f81cba63_s

車両保険は上級タイプ、一般タイプ、エコノミータイプの3つが主流です。

年数が経過している車や車両価値が高くない車の場合、エコノミーを選択すれば安くなります。

また、いざという時は自腹で直すという人は、車両保険をなくすことも可能です。

その場合、単独事故での車の修理費は100%自己負担となります。

単独事故とは、壁にぶつかってしまったり、水没してしまうことを言います。

車同士の事故の場合は、過失の割合で変わってきます。

仮に、自動車事故で、相手の過失が10割の場合は全額相手の保険でこちらの車の修理を負担することになるのでこちらに車両保険は必要ないということになります。

また、相手の7割の場合は、残りの3割分を実費で払う事にすることも可能です。

ここで車両保険を使ってしまうと来年の自動車保険の料金が値上がりするので、どちらが得かは相対的に考える必要があります。

  • 1回目0円-2回目10万円(免ゼロ特約)
  • 1回目5万円-2回目10万円
  • 1回目10万円-2回目10万円

このように車両保険を使う際の自己負担額を大きくすれば、保険料は安くなるのです。

自動車保険は、毎年必ず見積もりを取る

a0002_006417

安くする方法をすでに実践済みの場合、更新時期が来たら、ネットの一括見積もりなどを使って他社の保険料を計算してみましょう。

保険料の計算に使う料率は会社ごとに違うので、いまより安い保険会社が見つかる可能性は十分にあります。

また、競争が激しい業界なので、去年はこちらの保険会社の方が安かったけど、今年は違う保険会社が安いなんてこともあります。

保険会社から届いている更新案内を参考に入力すれば、見積もりの比較も簡単ですので、お手持ちの保険証を近くに用意してぜひ、こちらの一括見積をしてみてください。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

自動車保険についてなんでも答えます。

top-kuruma2

▲ページトップに戻る